日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究報告書

 事業名 北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究報告書

日本小型船舶工業会

平成8年度

 

目    次

口絵

はじめに

第?T章 調査研究の概要

1 調査研究の目的と進め方

1−1 調査研究の目的

1−2 調査研究の進め方

2 調査研究結果の要旨

2−1 北海道地区中小造船業の動向

2−2 海洋土木作業船にかかる需要開拓

2−3 資源管理型漁業に対応する漁船等の開発

2−4 おわりに

第?U章 北海道地区中小造船業の動向

1 北海道地区中小造船業の概要

1−1 造船所の数と分布、企業規模

1−2 生産実績等

2 北海道地区中小造船業の経営状況

2−1 悪化する経営状態

2−2 減船の影響

3 北海道地区中小造船業の課題と対応策

3−1 経営上の問題点

3−2 対応策

第?V章 海洋土木作業船にかかる需要開拓

1 北海道における海洋土木作業船の現状と今後の動向

1−1 海洋土木事業の状況と今後の展望

1−2 海洋土木事業者と作業船の状況

1−3 道内中小造船業者の作業船市場への取り組み

2 作業船市場における現状と問題点

2−1 ヒアリング調査の概要

2−2 作業船市場関連事業者の現状と課題

2−3 地区別原価形成要因

2−4 作業船建造先進地(瀬戸内地域)事例

2−5 作業船発注の判断要員及びプロセス等

2−6 海洋土木作業船心臓の道外流出状況とその原因

2−7 作業船分野に進出するに当っての克服すべき課題

3 造船業界の今後の経営方針

3−1 道内造船所が取り組むべきタ−ゲット

3−2 起重機船の今後の需要動向

3−3 今後とるべき経営方針

4 モデル造船所のケーススタディ

4−1 A社ケーススタディ(建造造船所)

4−2 B社ケーススタディ(修繕造船所)

第?W章 資源管理型漁業に対応する漁船等の開発

1 北海道水産業の現状と資源管理型漁業

1−1 高まる沿岸漁業のシェア

1−2 海域によって異なる漁業

1−3 資源管理型漁業確立に向けた動き

1−4 漁業経営の状況

1−5 今後の北海道水産業の方向展望

2 漁船勢力と建造数等の推移

2−1 漁船勢力の推移

2−2 漁船建造数の推移

3 道内中小造船業の漁船建造への取り組み方策

3−1 漁船建造を取り巻く環境等

3−2 取り組み方策

4 資源管理型漁業で用いられる船舶等の開発の動向

4−1 北海道立工業技術センターの取り組み

4−2 雑海藻駆除、海底耕うん船事業

5 ヒアリング調査分析

5−1 ヒアリング調査の概要

5−2 ヒアリング調査の結果と評価

6 開発のテーマの選定

6−1 開発テーマの候補と絞り込み

6−2 テーマ別開発用件

7 概要計画

7−1 ウォータージェットカッター工法による省力型双胴雑海藻駆除船

7−2 操業コスト低減化を図ったほたてけたびき網漁船

おわりに

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
986位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
11,556

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.「北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究」の報告書
2.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から