日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒し」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


教育用小冊子「ボランティアのためのターミナルケア講座 いのちの終わりに愛と癒しを」

財団法人 ライフ・プランニング・センター

平成10年度


目    次

第1章 癒しの心とボランティア―日野原重明
ホスピスケアの目的
変わってきた医療提供のシステム
医学は心を癒してきたか
心の癒し手となる存在
癒しの意味するもの
共感できる能力
ボランティアの条件
死の過程での癒し
感性を磨くこと
第2章 病む方々と生きる―佐々木道人
病院付きチャプレンの日々
逝かれる方の遺言から
Aちゃん―たいせつなのはいのち
Bさん―来てくれてありがとう
Cさん―ワクワクすることをもっとやりたい
組織の外にいるという自由さ
“佇む"ボランティア
患者さんのはたらきかけを受け入れる
受動的価値の発見
モーセの生涯にみるボランティアとしての究極
日常の風の運び手として
日常のいとおしさに共感する
第3章 残された日々の豊かな彩りのために―ホスピスでのケア―二見典子
ピースハウスホスピスの日常
ホスピスケアのポリシー
ホスピス入院は本人の意思で
さまざまな入院の動機
“迷う”ことのたいせつさ
迷いの中から答えを見つけ出す
患者さんの個別性とチームケア
ボランティアの喜び
いただくたくさんのもの
第4章 ドイツのホスピスボランティアにみる専門性二村・ニッケルト・敬子
ドイツのホスピス事情
個人生活とボランティア
ボランティアの専門性とは
ボランティア養成とその教育
相互の意思確認と適性判定の問題点
ある体験から
人との触れ合いと信頼性の成立
ボランティアに課せられるもの
いのちの質を問う
新しい意識の目覚め
ヨーロッパのボランティア思想の背景
科学万能主義からの脱皮
「人間とは何か」を問う
第5章 これからのホスピスボランティアの活動秋山淳子
ボランティアコーディネーターの仕事
ボランティアのはたらき
ボランティアの存在意義を再確認
ボランティアであるということ
ボランティアとしての技術
ボランティアの教育プログラム



※ 成果物の著作権に関するご注意






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
942位
(29,799成果物中)

成果物アクセス数
9,579

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年4月21日

関連する他の成果物

1.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
3.教育用小冊子「変わっていく医療と信頼性ある診療・看護記録の活用の仕方」
4.教育用小冊子「セント・クリストファーズ・ホスピスに学ぶ 緩和ケア医療とチームケア」
5.教育用小冊子「血圧測定に必要な循環生理学の知識」
6.教育用パンフレット 家庭介護のコツ?「排泄のお世話」
7.教育用パンフレット「やけど(熱傷)?やけどの深さによってその対応も異なります?」
8.教育用パンフレット「新老人?実りのある第三の人生のために?」
9.ピースハウスホスピス教育研究所 事業年報1998
10.障害者専門放送による情報の提供?1998年度下半期番組表?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から