日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「市川市高齢移動者実態調査研究報告書」

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


「市川市高齢移動者実態調査研究報告書」

社団法人 エイジング総合研究センター

平成10年度

mokuji-1.gif

 

目    次

高齢者居住移動の調査研究について

はじめに

 

第1章 調査の目的とその概要

 

1. 調査の目的

2. 調査の実施概要

3. 市川市の人口高齢化の状況

(1)国勢調査等による市川市の人口高齢化の推移と現状

(2)市川市の人口高齢化の見通し

(3)市川市の近隣市との比較

4. 高齢移動者の属性

(1)転入・転出・市内転居の別

(2)性別

(3)年齢別

 

第2章 高齢移動者の身体・健康状態

 

1. 活動能力指標

2. 日常生活における介助の必要度

3. 傷病の状況

4. 医療サービス利用の状況

(1)移動前の医療サービス利用の状況

(2)移動後の医療サービス利用の状況

(3)移動前後の医療サービス利用の変化

5. 被介護状況

(1)移動前の被介護状況

(2)移動後の被介護状況

(3)移動前後の被介護状況の変化

6. 福祉サービス利用

(1)移動前の福祉サービス利用の状況

(2)移動後の福祉サービス利用の状況

(3)移動前後の福祉サービス利用の変化

7. 社会活動

(1)社会活動・奉仕活動

(2)学習活動

(3)個人的活動

(4)移動後の社会活動に影響を及ぼす要因

8. 移動理由

(1)主な移動理由

(2)移動理由(複数回答)

(3)自分の健康状態が移動理由である者の状況

 

第3章 高齢移動者の家族関係

 

1. 配偶関係

2. 家族構成

3. 世帯主の変化

4. 家族規模の変化

 

第4章 高齢移動者の移動形態

 

1. 出生地

2. 前住地での居住年数

3. 転入者の前住地

4. 転出者の現住地

5. 移動流の方向

6. 随伴移動者

 

第5章 高齢移動者の経済的状況

 

1. 就業状況

2. 収入源

 

第6章 高齢移動者の居住状況

 

1. 転居前・後の住居の所有関係

2. 転居前住居の処理

 

第7章 高齢移動者の移動理由

 

1. 移動理由

2. 移動の主因者

 

第8章 高齢移動者の移動への評価

 

1. 再転居の意向

2. 転居への評価

 

調 査 票

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,301位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
8,023

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「AGING IN JAPAN 1998」
2.「都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?」
3.「先進国における最新の高齢者対策」
4.「高齢化先進国における福祉財政の動向」
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「子どもタウンウォッチングガイドin札幌」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から