日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【ダム建設について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


私はこう考える【ダム建設について】
 
 このコーナーは、私たちにとって大きな社会的問題となっているテーマについて、新聞・雑誌等のマスコミ各社が発表した記事や社説、有識者の方々の論文などを掲載しているコーナーです。
 なお、掲載にあたっては、日本財団が記事等を選択し、マスコミ各社、有識者の方々の許諾を得たものについて、原文(全文あるいは一部)のまま掲載しています。
 
 
はじめに
 
 私たちは、日々、いろいろな問題に直面しています。日常生活の問題から、私たちの将来に関わることまで、様々です。こうした問題に対処するためには、まず、広く意見を求めることが肝心です。一方向からだけではなく、あらゆる角度から検討する姿勢が必要と思われます。そうすることによって、問題を多面的に捉え、熟慮し、個々の立場を確立できるようになります。
 日本財団では、国内外を問わず、大きな社会問題となっている様々なテーマへの対応を検討するため、それらに関する既発表記事や論文を収集しています。これらは、多種の媒体に掲載されたもので、10年以上前に遡るものも多数あります。こうした記事や論文等の中には貴重な所見が多々見受けられ、国民の皆さまに自由にかつ有効に利用して頂くことを願っています。
 「日本財団図書館」はそのために発足いたしました。ご協力いただきました各社、執筆者に、深い感謝を申し上げます。
 
  2003年6月1日
  日本財団 前会長  曽野 綾子
 
 
 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1994年 1995年 1996年 1997年
1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年
新聞社・執筆者別目次はこちら
  1987年
  1987/03/28 読売新聞朝刊
湖底の村 悲しますな 動き出した岐阜県・徳山ダム(解説)
 
  1987/06/19 読売新聞朝刊
首都圏「水ガメ」ピンチ 水備蓄ダムの現実を(解説)
 
  1987/07/28 読売新聞朝刊
「水」新時代、前途は多難 ダム完成に25年も/水資源白書(解説)
 
  1987/10/31 朝日新聞朝刊
新しい時代の水対策を(社説)
▲ページTOPへ戻る
 
  1988年
  1988/02/24 朝日新聞朝刊
ダムは村を興せるか 生かす道探るシンポで苦悩も浮き彫りに
 
  1988/08/01 朝日新聞朝刊
水はふんだんには使えない
▲ページTOPへ戻る
 
  1989年
  1989/06/28 朝日新聞朝刊
雪解け水阻むダム建設で「琵琶湖底は死ぬ」 学者ら懸念 【大阪】
▲ページTOPへ戻る
 
  1990年
  1990/09/08 読売新聞夕刊
期待の「奈良俣」新ダム、91年春完成 貯水量26%アップへ/利根川最上流
▲ページTOPへ戻る
 
  1991年
  1991/01/30 朝日新聞朝刊
吉野川せき止め「転流式」 近畿地建、大滝ダム建設へ弾み 奈良
▲ページTOPへ戻る
 
  1992年
  1992/09/30 朝日新聞夕刊
20年目、苦しい決断 設楽ダム調査、町が受け入れ 【名古屋】
▲ページTOPへ戻る
 
  1994年
  1994/06/29 朝日新聞朝刊
反対運動高まる 川辺川ダム・土地改良事業(らいとあっぷ)【西部】
 
  1994/07/14 読売新聞朝刊
水不足には自衛を ダム建設は限界 生活の知恵必要(解説)
 
  1994/07/21 毎日新聞朝刊
[社説]長良川訴訟 環境保護に理解の浅い判決
 
  1994/09/19 朝日新聞朝刊
ダム開発はまだ必要か
▲ページTOPへ戻る
 
  1995年
  1995/04/05 朝日新聞朝刊
長良川の清流を保つために(社説)
 
  1995/05/23 読売新聞朝刊
[社説]長良川問題になにを学ぶか
 
  1995/08/01 毎日新聞朝刊
[社説]水資源白書 水の日に反省すべきこと
 
  1995/11/07 毎日新聞朝刊
[記者の目]建設省ダム審議委員会 独立した第三者機関として、公正な論議の場を
▲ページTOPへ戻る
 
  1996年
  1996/02/14 朝日新聞朝刊
波紋(教訓は生かされるか 徳山ダムと矢作川河口堰:上)【名古屋】
 
  1996/02/15 朝日新聞朝刊
目的(教訓は生かされるか 徳山ダムと矢作川河口堰:中)【名古屋】
 
  1996/02/16 朝日新聞朝刊
環境(教訓は生かされるか 徳山ダムと矢作川河口堰:下)【名古屋】
 
  1996/03/28 朝日新聞朝刊
ダムの災いを見つめよ 「地球人の世紀へ」(社説)
 
  1996/04/25 朝日新聞夕刊
ダムの終わり(窓・論説委員室から)
 
  1996/07/29 読売新聞朝刊
[社説]雨だのみから抜け出したい
 
  1996/08/03 朝日新聞朝刊
身近な水に目を向けよう(社説)
 
  1996/08/24 朝日新聞夕刊
ダム治水の魔力(窓・論説委員室から)
 
  1996/12/17 朝日新聞朝刊
行革は断念から始めよ ダムはムダ(税の悲鳴 浪費列島を行く:1)
▲ページTOPへ戻る
 
  1997年
  1997/02/26 朝日新聞朝刊
ダム行政は変わったか(社説)
 
  1997/03/03 朝日新聞夕刊
川殺しの世紀(窓・論説委員室から)
 
  1997/05/07 朝日新聞朝刊
河川法改正は民主党案がいい(社説)
 
  1997/05/23 読売新聞夕刊
熊本・川辺川ダム本格着工、五木の里 反発と歓迎
 
  1997/05/24 毎日新聞朝刊
川辺川ダム工事着工 反対派「2000億円ムダ遣いだ」
 
  1997/06/15 読売新聞朝刊
細川内ダム建設計画撤回 公共事業見直しで住民の意思反映(解説)
 
  1997/08/01 毎日新聞朝刊
[社説]水資源白書 「水の日」にダムを考えよう
 
  1997/08/02 朝日新聞朝刊
細川内ダム計画を撤回せよ(社説)
 
  1997/08/12 産経新聞朝刊
【主張】公共事業に「時のアセス」を
 
  1997/08/27 産経新聞夕刊
「宮ケ瀬ダム」順調に貯水 水源地の犠牲忘れないで/編集委員 石橋成彰
 
  1997/09/02 毎日新聞朝刊
[深層]徳島・木頭村「細川内ダム」計画 藤田村長、審議委へ参加を表明
▲ページTOPへ戻る
 
  1998年
  1998/08/09 朝日新聞朝刊
「五木の里」を沈める愚 ダム建設(社説)
▲ページTOPへ戻る
 
  1999年
  1999/02/25 朝日新聞朝刊
五木の子守唄のお里は湖底? 熊本・川辺川ダム着工へ(時時刻刻)
 
  1999/03/21 読売新聞朝刊
熊本・川辺川ダム 計画33年、来年度本格着工へ 将来像の視点欠く(解説)
 
  1999/06/13 朝日新聞朝刊
問われるダム 全国各地で争い
 
  1999/06/22 読売新聞朝刊
徳島・吉野川堰の住民投票条例案可決 民意反映へ新局面 「密室決着」と批判も
 
  1999/08/12 朝日新聞朝刊
ごり押しは許されない 川辺川ダム(社説)
 
  1999/08/12 読売新聞朝刊
熊本・川辺川ダム建設問題 流域の環境変化、必要性検討を(解説)
 
  1999/11/22 朝日新聞朝刊
巨大ダム着工へ流れ急 岐阜・徳山と熊本・川辺川(時時刻刻)
 
  1999/11/22 朝日新聞朝刊
世紀を築く:24 川と生きる 洪水とつきあう知恵を(社説)
▲ページTOPへ戻る
 
  2000年
  2000/01/22 読売新聞朝刊
九州最大級の川辺川ダム計画ヤマ場 河川対策の潮流反映へ再検討を(解説)
 
  2000/05/20 毎日新聞夕刊
44年目の初夏に・徳山ダム本体着工/上 故郷の記憶8万枚
 
  2000/05/23 朝日新聞朝刊
徳山ダム、見切り発車 構想から43年、本体着工(時時刻刻)
 
  2000/05/23 毎日新聞夕刊
44年目の初夏に・徳山ダム本体着工/下 補償交渉、野鳥保護など課題山積
 
  2000/08/27 毎日新聞朝刊
ダムに揺れる「清流日本一」 建設省は着工方針、反対運動も活発化−−熊本・川辺川
 
  2000/08/31 朝日新聞朝刊
「見直し」含まれず漁業補償が焦点に(着工目前の川辺川ダム:上)
 
  2000/09/01 朝日新聞朝刊
利水事業に農家そっぽ(着工目前の川辺川ダム:下)
 
  2000/09/17 朝日新聞朝刊
これはお墨付きではない 川辺川訴訟(社説)
 
  2000/10/06 読売新聞朝刊
九州最大級のダム計画、国が強制収用手続き 本体手つかず34年(解説)
 
  2000/11/17 読売新聞朝刊
[論点]「開発」から「国土保全」へ 大西隆(寄稿)
 
  2000/12/21 読売新聞朝刊
[無駄を斬る]富山・熊野川 完成16年、無用のダム 水道水の需要ゼロ
▲ページTOPへ戻る
 
  2001年
  2001/01/15 毎日新聞朝刊
[社説]治水対策の転換 今こそ総合施策を充実させよ
 
  2001/02/20 朝日新聞朝刊
「治水に不安」 田中知事「脱ダム宣言」で地元・長野に渦巻く賛否
 
  2001/02/21 毎日新聞朝刊
[クローズアップ2001]長野、脱ダム宣言 “田中革命”また激震
 
  2001/02/22 朝日新聞朝刊
河川行政問う好機に 脱ダム宣言(社説)
 
  2001/02/22 毎日新聞朝刊
[社説]脱ダム宣言 地方もできるじゃないか
 
  2001/02/25 読売新聞朝刊
[社説]脱ダム宣言 理念先行をどう克服できるか
 
  2001/02/28 産経新聞朝刊
【主張】脱ダム宣言 理念の空回りではないか
 
  2001/03/01 読売新聞朝刊
川辺川ダム 事業の必要要件欠く 目的薄れて合意形成ならず(解説)
 
  2001/03/05 読売新聞朝刊
長野・田中知事の「脱ダム」宣言 渦巻く反響 利水・治水、揺らぐ「神話」
 
  2001/03/07 朝日新聞朝刊
強制収用は通用しない 川辺川ダム(社説)
 
  2001/03/10 朝日新聞朝刊
評価は二分、広がる波紋 田中康夫・長野県知事の「脱ダム宣言」
 
  2001/03/21 毎日新聞朝刊
[再考・公共事業]第1部 ダムと干拓/1 川辺川補償案、59対40の裏
 
  2001/03/22 毎日新聞朝刊
[再考・公共事業]第1部 ダムと干拓/2 完成望みつつ、屈折の熊本・五木村
 
  2001/03/23 毎日新聞朝刊
[再考・公共事業]第1部 ダムと干拓/3 山・川・海の恵み、どこへ
 
  2001/03/25 毎日新聞朝刊
[再考・公共事業]第1部 ダムと干拓/5 生活脅かす「工事中断」
 
  2001/03/26 毎日新聞朝刊
[再考・公共事業]第1部 ダムと干拓/6止 「防災」で守る「長崎半世紀の努力」
 
  2001/04/15 毎日新聞朝刊
[社説]ダム見直し 既存施設も聖域ではない
 
  2001/07/07 毎日新聞朝刊
[社説]ダムのムダ これが本当の水増しだ
 
  2001/07/07 産経新聞朝刊
【主張】ダム建設 必要性見極めて厳選を
 
  2001/11/05 毎日新聞夕刊
熊本・川辺川ダム問題 民間研究会「ダム不要」報告書--関係者に大きな波紋
 
  2001/11/24 朝日新聞朝刊
このやり方はひどい 川辺川ダム(社説)
 
  2001/11/26 毎日新聞朝刊
熊本県の川辺川、ダムなしで治水可能「大洪水、しのげる」--民間報告書に注目
 
  2001/11/28 読売新聞朝刊
[論点]「川辺川ダム」再検討必要 原科幸彦(寄稿)
 
  2001/11/30 読売新聞朝刊
[社説]川辺川ダム 計画の見直し迫る補償案否決
 
  2001/12/22 読売新聞朝刊
川辺川ダム漁業権、強制収用を申請 地元、頼みは公共事業(解説)
▲ページTOPへ戻る
 
  2002年
  2002/01/14 読売新聞朝刊
[編集委員が読む]ダム建設続行 清流維持に影響、小泉改革にも逆行 鶴岡憲一
 
  2002/06/11 毎日新聞朝刊
オピニオン「論」 ダム中止の論理 坪香伸・国交省近畿地方整備局河川部長
 
  2002/06/19 毎日新聞朝刊
[記者の目]川辺川ダム建設計画=米岡紘子(熊本支局)
 
  2002/07/14 毎日新聞朝刊
[クローズアップ2002]長野「ダム」要、不要論争 「予想洪水量」で対決
 
  2002/07/24 毎日新聞朝刊
[クローズアップ2002]ダム建設中止、手法で明暗
 
  2002/07/29 毎日新聞朝刊
ダム建設事業 全国78事業で方向性--やるもやめるも1300億円
▲ページTOPへ戻る
 
  2003年
  2003/05/18 読売新聞朝刊
[社説]川辺川ダム 「無理」がたたった行政の敗訴
 
  2003/05/20 毎日新聞朝刊
[記者の目]熊本・川辺川訴訟控訴審判決=米岡紘子(熊本支局)
 
  2003/06/18 朝日新聞朝刊
清流保護か利水推進か、絡み合う思惑 ダム攻防第2幕(川辺川発)
 
  2003/08/20 朝日新聞朝刊
委員会を無駄にするな 淀川のダム(社説)
 
  2003/12/10 読売新聞朝刊
「脱ダム」答申 独立性と透明性保った「淀川流域委」(解説)
 
  2003/12/18 読売新聞朝刊
戸倉ダム中止 地方の変化が国を動かす 「治水」もはや免罪符にならず(解説)
▲ページTOPへ戻る
 
  2004年
  2004/04/11 読売新聞朝刊
[社説]ダム建設 事業費倍増で高まる不信感
 
  2004/08/12 毎日新聞夕刊
球磨川治水工事、強化堤防整備が白紙に--川辺川ダム反対派が反発
▲ページTOPへ戻る
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
223位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
46,306

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から