日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【ダム建設について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/08/12 産経新聞朝刊
【主張】公共事業に「時のアセス」を
 
 「北の国から」などのテレビドラマで知られる脚本家の倉本聰さんは、北海道・富良野で私塾「富良野塾」を開いている。その倉本さんを北海道の職員が訪ね、公共事業のあり方について話し合っていた際に、「時のアセスメント」という言葉が生まれたという。北海道が導入した「時のアセスメント」(時代の変化に即した施策の再評価)は、いったん予算がついたら止まることを知らない公共事業に、「時間」という物差しを当てて事業を継続するかどうかを考え直す制度だ。
 民間なら当然の発想も、行政にとっては画期的なことである。北海道では当面、長期間停滞しているダム建設や道路整備など六事業を対象に、一年以内に中止を含めて結論を出すことにしているが、この六事業だけで総額約八百億円の経費節減が可能という。全国の自治体に波及すれば、行財政改革の大きな成果につながるはずだ。
 何よりも、時代のニーズに合わなくなった公共事業を計画途中でも中止できるルールづくりが、自治体で始まったことを評価したい。北海道に続いて札幌市が「時のアセス」の導入を決めたほか、埼玉県では中期計画策定の中で、事業の目的に応じて五年を最長とした事業終期を設定するとともに、新規事業についても投資効果を客観的に評価する「事業アセスメント」の導入を検討している。三重県もすべての事業をゼロベースで見直す「事業評価システム」の導入で四百十件に及ぶ事業の廃止を決めた。こうした自主改革の機運の広がりを期待したい。
 しかし、公共事業見直しのルールづくりは、国、自治体一体となって取り組むことが必要だ。戦後の食糧難時代に計画された大規模干拓事業や、住民の反対で着工の見通しもないまま多額の調査費を食い続けるダム建設計画など、全国で増殖を続ける“壮大なムダ”はとりわけ、国営事業に多い。
 国、地方を合わせた借金総額が五百兆円に迫る中で、政府・与党の財政構造改革会議は、公共事業を来年度予算で七%削減することを決めたが、長期計画の総額は変えず、計画期間を延長することで単年度支出を縮減するというまやかしの改革案では、財政再建は不可能である。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
222位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
46,051

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から