日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難事件調査報告書

 事業名 海難事故調査の国際協力化に関する調査研究
 団体名 海難審判・船舶事故調査協会  


海難事件調査報告書

財団法人 海難審判協会

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

海難事件調査報告書

結論の要約

 

調査

事実

コースト・ガードの対応

乗船客の上陸輸送

事件発生に先立つ諸事実

負傷

損害

水先人及び乗組員の情報

水先人

船長

一等航海士

二等航海士

操舵員

甲板手

船体情報

損害

右舷船側外板

左舷外板

タンク内部鋼材

水路情報

気象情報

毒物に関する情報

旅客に対しての調査

検査及び検証

コース・レコーダー及び航跡調査

1992年のNOAAによる海底地形調査

キューナード海運株式会社による委託調査

1993年のNOAAによる海底調査結果

1992年のNOAAによる調査とキューナード社・AUSS共同調査との比較

塗料片と剥取り鉄片の比較

水力学的要素及び船体沈下

船体沈下現象の結論への考察方法

直接的考察方法

理論的考察方法

電子計算機による計算

キューナード社による推定船体沈下量

キューナード社による模型船試験

水路の海底傾斜による影響

船体沈下現象に対応可能な情報

船長及び水先人の船体沈下に対する知識

船体沈下現象による海難事件の前例

その他の情報

船橋内の資源管理

航海援助用の書籍類

海図及び調査に関する情報

 

分析

総論

本件海難

船橋内の資源管理

船橋内における航海当直動作の伝統的管理法

運航体制における船橋内諸資源管理

船体沈下現象の結論及び同現象の本件における関与

1992年NOAAによる調査とAUSSによる調査との差異

運輸安全委員会による船体沈下推定量とキューナード社による船体沈下推定量との比較

本件海難における船体沈下現象の役割

船体沈下現象に影響を与えた船長及び水先人による船速決定結果

船体沈下現象に関する情報の作成と船内掲示

航行に関する情報

毒物検査

生還

 

結論

解明された事実

推定される原因

勧告

付録

付録A-調査

付録B-乗組員に関する情報

付録C-船体沈下現象についての文献

付録D-船長/水先人間の情報交換の問題点

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,436位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
5,748

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.Code of federal regulation(和訳)
2.海難調査の国際協力化に関する調査研究中間報告書
3.海難及び海上インシデントの調査のためのコードの改正
4.フィンランド・スウェーデン・オランダにおける海難調査に関する規則集
5.海難0への願いパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から