日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究報告書

 事業名 船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究報告書

社団法人 日本海難防止協会

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

まえがき

 

1 調査研究の概要

1.1 調査の目的

1.2 調査の内容

1.3 調査の方法

1.4 委員会の名称及び構成

 

2 港則法上の危険物の選定

2.1 選定の方法

2.2 容器等級が割り当てられていない危険物の取り扱い

2.3 選定の結果

表2.1 港則法危険物選定基準表

表2.2 危規則新規物質(他の分類からの移動を含む)

表2.3 危規則削除物質(他の分類からの移動を含む)

 

3 コンテナ専用岸壁(C2岸壁)の荷役許容量の見直しについての検討

3.1 現状の概要

3.1.1 現状の危険物荷役許容量

3.2 コンテナ荷役の現状

3.2.1 コンテナ貨物の取扱量

3.2.2 コンテナ船の船型の変遷

3.2.3 コンテナ荷役形態

3.2.4 荷役施設及び各資器材

(1) コンテナクレーン

(2) コンテナ

(3) 危険物容器

3.3 危険物積載コンテナ荷役の現状

3.3.1 危険物の荷役及び運送に関する適用法令

(1) 危険物の輸送について

(2) 運送船舶について

(3) 仮貯蔵について

3.3.2 コンテナターミナルの体制

(1) 消防設備

(2) 安全対策

(3) 保安体制の実態

3.3.3 危険物荷役の事故

3.3.4 「商の和」規制による実務担当上の問題点

3.4 危険物積載コンテナ荷役に関する昭和48年当時との比較と安全性の向上

3.5 荷役許容量に関する考察

3.5.1 48年当時との比較による安全性の向上

3.5.2 荷役許容量の規制の緩和についての検討

3.5.3 安全対策

3.6 まとめ

3.7 あとがき

 

資料1 IMDGコード第30回改正物品リスト及びSpecial Provision (抜粋)

2001 DANGEROUS GOODS LIST (改正品リスト)

class1

class2.1

class3

class4.1

class5.1

class6.1

class7

class8

class9

Chapter 3.3 SPECIAL PROVISIONS APPLICABLE TO CERTAIN SUBSTANCES, MATERIALS OR ARTICLES

 

資料2 荷役許容量の現状 (昭和54年度報告書抜粋)

 

資料3 現行の規制と問題点 (昭和54年度報告書抜粋)

 

資料4 危険物積載船舶の停泊場所指定および危険物荷役許可基準について

 

資料5 コンテナターミナルの安全作業基準例

第1部 ガントリークレイーン安全運転作業心得

第2部 トランステナー安全運転作業心得

第3部 CY大型トップリフト安全運転作業心得

第4部 トラクター安全運転作業心得

第5部 船内荷役安全作業心得

第6部 CFSの安全作業心得

第7部 ゲートに於ける安全作業心得

 

資料6 危険物積載書類ブランクフォーム

危険物運送船適合証

危険物荷役許可申請書

危険品・有害物事前連絡表

コンテナ危険物明細書

 

資料7. 危険物相互の隔離

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
235位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
46,102

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.プレジャーボート・小型船用港湾案内南西諸島 (沖縄群島・先島群島・大東諸島)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から