日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

埼玉県エコロジカル・ネットワーク計画に関する研究(研究報告及び解説書)

 事業名 生態系保護に関する調査及び教育実践
 団体名 埼玉県生態系保護協会 注目度注目度5


埼玉県エコロジカル・ネットワーク計画に関する研究(研究報告及び解説書)

財団法人 埼玉県生態系保護協会

平成9年度

 

目    次

世界各地のエコロジカル・ネットワーク

埼玉のコアエリアや生態的拠点となる重要地域

はじめに

 

?T. 生物多様性保全に向けた欧米先進諸国の取り組み ―その背景と実情―

 

 1. エコロジカル・ネットワーク

  1-1. エコロジカル・ネットワークの背景と概念

  1-2. エコロジカル・ネットワークの基になった考え方

  1-3. EECONET(ヨーロッパ・エコロジカル・ネットワーク)

  1-4. アメリカ大陸におけるエコロジカル・ネットワーク

 2. ギャップ解析

  2-1. 地図の重ね合わせによる土地利用計画

  2-2. ギャップ解析

参考文献

 

?U. 埼玉県の自然環境 ―その基盤と現況―

 

 1. 自然環境の概要

  1-1. 位置・地形・地質

  1-2. 水系

  1-3. 植生

  1-4. 人のかかわり

 2. 地帯区分ごとの自然環境の概要と現況

  2-1. 地帯区分の概要

  2-2. 地帯区分ごとの自然環境の概要と現況

 3. 地球規模で移動する生きものたちと埼玉

参考文献

 

?V. エコロジカル・ネットワークの埼玉県への適用

 

 1. 「生物多様性の現況から評価した埼玉県の保全上重要な地域図」の作成

  1-1. コアエリアの定義

  1-2. コアエリアの選定手法

  1-3. 生態的重要地区の定義

  1-4. 生態的重要地区の選定手法

  1-5. コリドー(生態的回廊)の定義

  1-6. コリドー(生態的回廊)の選定手法

  1-7. 緩衝帯の定義

  1-8. 緩衝帯の選定手法

2. 「社会条件からみた埼玉県の土地保全状況図」の作成

  2-1. 土地の担保性評価

  2-2. 生物多様性保全上の重要地域におけるギャップ解析

3. 「エコロジカル・ネットワークを適用した埼玉県の将来像計画図」の作成

  3-1. 「埼玉県の土地利用が現行法制度のまま行われた場合の想定図」の作成

  3-2. 「10年後の将来像構想図」の作成

  3-3. 「100年後の将来像構想図」の作成

  3-4. 今後の課題

参考文献

検討委員名簿

 

1. 生物多様性の現状から評価した埼玉県の保全上重要な地域図(縮尺1/200,000)

2. 社会条件からみた埼玉県の土地保全状況図(縮尺1/200,000)

3. エコロジカル・ネットワークを適用した埼玉県の将来像計画図(縮尺1/200,000)

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
783位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
13,884

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.持続可能な社会に向けて・3?環境教育推進のための教員研修のあり方?
2.「環境問題ってなぁに?」小学校高学年向けビデオ
3.「生態系保護に関する調査及び教育実践」の報告書
4.環境シンポジウム1997千葉会議参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から