日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究報告書

 事業名 甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究報告書

財団法人 シップ・アンド・オーシャン財団

平成9年度

 

目    次

あいさつ

まえがき

甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究委員会名簿

第1章 調査研究の目的

1.1 陸上設備について

1.2 船舶設備について

1.3 研究開発の目的と指向性

 

第2章 委員会活動

 

第3章 船体着氷のメカニズム

3.1 着氷の発生機構

3.2 着氷の主要因

3.3 着氷しやすい材質

3.4 着氷海域

 

第4章 着氷防止・除去技術の現状

4.1 救命艇

4.2 膨脹式救命いかだ

4.3 航海用レーダ

4.4 衛星系406EPIRB

4.5 アンテナ

4.6 船灯類

 

第5章 現地調査

5.1 趣旨書

5.2 質問書

5.3 国内調査

5.4 海外調査

 

第6章 着氷防止・除去技術に関する新技術開発の提案

6.1 救命艇(ライフボート)

6.2 膨脹式救命いかだ

6.3 航海用レーダ

6.4 衛星系406EPIRB

6.5 アンテナ

6.6 船灯類

6.7 船橋の窓

6.8 難着氷性素材

 

第7章 まとめ

7.1 包括的着氷防止対策

7.2 甲板上機器類の着氷防止対策

 

あとがき

 

参考資料

1.船体着氷のメカニズム 補遺

2.着氷回避

3.DE-ICE SYSTEM の実例

4.DET NORSKE VERITAS DEICING/ANTI-ICING SYSTEM

 

参考文献(引用文献)

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
459位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
21,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究」の報告書
2.北極海航路開発調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から