日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究報告書

 事業名 甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


013-1.gif

3.2 着氷の主要因

日本海難防止協会5)や小野10)は、1970年から72年にかけて着氷海域で操業する漁船を対象に、調査票による船体着氷の実態調査を行った。着氷の程度を「階級1:氷が少し着いた」「階級2:多くの氷が着いた」「階級3:非常に多く着き危険なので氷割りをした」に分類して実施したもので、着氷時の階級と気象・海象・操船の条件が漁業無線局に通報され、調査票に記載するようにしたものである。

調査結果を基に、着氷の気温・風・波浪条件と着氷階級との関係をとりまとめているが、加藤8)は統計的手法(要因分析)を使って、着氷量を増加させる要因の相関を求めている。

加藤が求めた結果を図3-2に示す。これは、着氷の原因群を相対風向・相対風速・波浪階級・船速・しぶき量・気温・着氷量とし、それぞれの原因間の相関関係を求めたもので、図中の数字はその大きさを表している。

013-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
460位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
21,892

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究」の報告書
2.北極海航路開発調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から