日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究報告書

 事業名 甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


6.3 航海用レーダ

レーダのアンテナ部開口面には、FRP等の高分子化学による材料を用いるのが一般的な方法であるが、この材料は十分なはっ水効果を有していない。

しかし近年、超はっ水性材料の研究が進み、いくつかのものが実用に供される段階となっている。

そこで、この新しい超はっ水性材料をレーダのアンテナ部開口面に用いることが出来れば、着氷防止に大きなインパクトを与えることになると思われる。

ただし、レーダのアンテナ部開口面に使用するに際し、次の事項をクリアしなければならない。

@耐熱性に関するもの

IEC945(第3版)を引用すれば、レーダに要求される温度範囲は-25℃〜+70℃と広く、必要かつ充分な耐熱性を有していなければならない。

A耐候性に関するもの

レーダのアンテナ部開口面は、常に暴露されている。一般的に高分子化学による材料は、紫外線の影響を受けやすく劣化等の懸念があるため、必要かつ充分な耐候性を有した材料を用いることが求められいる。

B誘電率に関するもの

レーダのアンテナ部開口面は、レーダ電波の通り道であるので、高い誘電率を持つ材料を使用すれば、必要かつ充分な電磁波が通過できない。

C耐振、耐衝撃性に関するもの

船舶搭載機器であることからも、IEC945の振動に関する規定を満足するものであることが必要である。

 

開発必要技術 ・上記の必要要件をクリアする超はっ水性材料の開発

・はっ水性塗料の開発

・はっ水性加工方法の開発

 

6.4 衛星系406EPIRB

衛星系406EPIRBはその目的からして、緊急時に自動離脱することが絶対条件である。その上で電波を発信することが要求されるわけであるが、電波の発信に関する事項は本体そのものの問題であり、今回の研究対象からは除外して考察することとする。

したがって、今回の調査研究の対象は

@いかにして自動離脱させるか

Aアンテナを折損させることもなく本体をどのようにして安全に維持固定しておくかの2点がテーマとなる。

なお、自動離脱装置には次の機能を有することが要求される。

@水深4m未満で水圧センサーが働くこと。

現在一般に使われている水圧センサーは、水圧センサー内部のダイヤフラムを水圧で押してロック状態を解除する方式となっており、着氷で海水の侵入が妨げられないことが必要である。

A水圧センサーと接続されたEPIRB本体の固定用ロープが外れる、或いは収納箱等の蓋が開くこと。また、接続部分や蓋の接合部分には着氷しないことが望ましい。

BEPIRB本体が架台又は収納箱等から自分の浮力によって離脱すること。

また、接触固定部分は着氷しないことが望ましい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
460位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
21,880

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「甲板上機器類の着氷防止技術に関する調査研究」の報告書
2.北極海航路開発調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から