日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究報告書

 事業名 アメニティターミナル等推進
 団体名 交通アメニティ推進機構 注目度注目度5


アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究報告書

交通アメニティ推進機構

平成8年度

 

目    次

はじめに

委員会機構および幹事会機構

 

序章 研究の範囲

 

第1節 研究目的と検討範囲

1.研究目的

2.検討範囲

3.検討経緯

 

第2節 移動制約者の概要

1.障害者

2.高齢者

3.外国人

 

第1章 情報ニーズの発生要因に関する調査

 

第1節 利用者一般の情報ニーズ推定

1.鉄道利用上求められる情報

2.移動に起因する情報ニーズ

 

第2節 障害者同行調査

1.調査の概要

2.支障の発生と情報ニーズ

 

第3節 異常時情報現況調査

1.異常時情報提供の現況

2.異常の発生と情報ニーズ

 

第2章 情報伝達の基礎的条件に関する調査

 

第1節 人間の知覚特性に関する調査

1.視覚特性

2.聴覚特性

 

第2節 高齢者・障害者の知覚特性に関する調査

1.視覚障害者

2.聴覚障害者

3.高齢者

 

第3節 情報表現における留意点

1.視覚表現

2.聴覚表現

3.触覚表現

 

第3章 利用者の情報ニーズ分析

 

第1節 利用者一般の情報ニーズ分析

1.分析の基準

2.設備的な対応の現状

3.現状設備への評価

4.対応の方向性についての考察

 

第2節 移動制約者の情報ニーズ分析

1.視覚障害者(1級レベル)への対応

2.視覚障害者(4級レベル)への対応

3.聴覚障害者への対応

4.車イス使用者への対応

5.高齢者への対応

6.外国人への対応

 

第4章 情報提供手法の基本的な考え方

1.前提となる事項の考え方

2.情報設備計画の考え方

3.周辺環境整備の考え方

 

第5章 モデル駅の与条件整理

1.横浜ターミナル駅の利用者数

2.横浜ターミナル駅の複合施設

3.鉄道の駅施設及び付属施設

4.横浜ターミナル駅の都市的な位置

 

参考

1.広島新交通調査概要

2.上大岡駅音声誘導装置調査概要

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
327位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
35,921

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.アメニティターミナルにおける駅用エレベータ設備の研究・開発事業報告書
2.「アメニティターミナル等推進」の報告書
3.舶用機関整備技術の普及・促進指導書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から