日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ISOPE?2000調査報告書

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


ISOPE−2000調査報告書

認可法人 海洋科学技術センター

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はじめに

1. 概要

1.1 目的

1.2 訪問先

1.3 調査員

1.4 調査日程

1.5 調査結果の概要

2. 調査結果の詳細

 

付録I ISOPE 2000 CD-ROM収録論文一覧

VOLUME 1

TECHNOLOGY REVIEW

OFFSHORE MECHANICS

ENERGY, RESOURCES AND ENVIRONMENT

POLAR AND ICE ENGINEERING

ICE TECHNOLOGY AND REMOTE SENSING

ADDITIONAL PAPERS

VOLUME 2

RISERS, MOORING AND CABLE MECHANICS

PIPELINES

UNDERWATER VEHICLES AND CONTROL

GEOTECHNICAL ENGINEERING

ADDITIONAL PAPERS

VOLUME 3

METOCEAN AND INTERNAL WAVES

HYDRODYNAMICS

COASTAL ENGINEERING

ADDITIONAL PAPERS

VOLUME 4

TUBULAR STRUCTURES

COMPOSITES AND SMART STRUCTURES

MATERIALS, WELDING AND FATIGUE

COLLISION, MECHANICS AND EARTHQUAKE

RELIABILITY, RISK AND SAFETY

ADVANCED SHIP AND OCEAN TECHNOLOGY

ADDITIONAL PAPERS

 

付録II 興味深い論文の紹介

物体と水柱から構成される振幅制限つきおよび振幅制限なしの揺動システムによる波力エネルギーの最大吸収量

摘要

序論

振動水柱(OWC)と振動体による波力吸収システム

波力の吸収

波力吸収量の最大化

軸対称の例

結論

Maximum Wave-Energy Absorption by Oscillating Systems Consisting of Bodies and Water Columns with Restricted or Unrestricted Amplitudes

ABSTRACT

INTRODUCTION

SYSTEM OF OWC'S AND OSCILLATING BODIES

ABSORBED WAVE POWER

MAXIMISING THE ABSORBED POWER

AXISYMMETRICAL EXAMPLE

CONCLUSION

 

ライザーの疲労設計:横方向流体力モデルの利用による新設計手法

摘要

序論

基本的な概念

疲労解析の手法

新手法の提案

方向の異なる波と海流

不規則波の解析

渦粘性による抗力の増幅

予備的な検証結果

結論

Fatigue Design of Risers: An Improved Methodology Incorporating a Transverse Hydrodynamic Force Model

ABSTRACT

INTRODUCTION

SOME BASIC CONCEPTS

FATIGUE ANALYSIS STRATEGIES

PROPOSED METHODOLOGY

Hydrodynamic Force Model

Waves and Currents with Different Directions

Irregular Wave Analyses

Amplification of Drag by VIV

SOME PRELIMINARY RESULTS

CONCLUSIONS

 

加速度と回転速度の計測による掘削ライザーの渦励振モードの特定

摘要

序論

重量による外乱

モード解析の手法

測定ノイズの影響

モードの漏れ

解析例

結論

Identification of Modes of VIV on a Drilling Riser from Measurements of Acceleration and Rate of Rotation

ABSTRACT

INTRODUCTION

DISTURBANCE BY GRAVITY

MODAL APPROACH

SENSITIVITY TO MEASUREMENT NOISE

MODE LEAK

AN ANALYSIS EXAMPLE

CONCLUSION

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,099位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
4,319

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.OTC2000調査報告書
2.極限環境微生物ゲノム国際シンポジウム報告書
3.地球変動シンポジュウム?新たな発見と今後の展望?報告書
4.「洋上設置型海洋深層水取水装置による海洋深層水の調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から