日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「九州圏におけるコンテナ輸送の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 九州圏におけるコンテナ輸送の効率化に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


「九州圏におけるコンテナ輸送の効率化に関する調査研究」報告書

財団法人 九州海運振興センター

平成11年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はしがき

 

『九州圏におけるコンテナ輸送の効率化に関する調査研究』委員名簿

 

第1章 調査の概要

1. 調査の背景と目的

2. 前年度調査の概要と本年度調査の方向

3. 調査フロー

4. 調査内容と方法

 

第2章 長崎港におけるベースカーゴの検討

1. ベースカーゴの考え方

2. 長崎港を利用している輸出入コンテナ貨物(「既存貨物」)

3. 長崎港周辺で生産・消費され、長崎港以外の港湾を利用している輸出入コンテナ貨物(「転換貨物」)

4. 新たに創出することが期待される輸出入コンテナ貨物(「創出貨物」)

5. 長崎港におけるベースカーゴの検討のまとめ

 

第3章 荷主企業のアンケート・ヒアリング調査結果

1. アンケート調査の概要

2. アンケート回答企業の属性

3. 輸出入コンテナ貨物の取扱いの現状と課題

4. コンテナ貨物の輸出入における長崎港の利用意向

5. 今後の輸出入コンテナ貨物量の見通しと貿易支援策

6. コンテナ輸送の効率化に向けた意見・要望(問19)

7. ヒアリング調査結果

 

第4章 長崎港を中心とした効率的な輸送体系のあり方

1. 長崎港における短期的な輸送体系のあり方

2. 長崎港における中長期的な輸送体系のあり方

 

第5章 先進事例研究

1. 横浜港における「使いやすい港づくり」推進体制

2. 神戸港における「上海・長江交易促進プロジェクト」

3. 下関港における関釜フェリーを活用した日韓複合一貫輸送サービス

4. 博多港における「使いやすい博多港づくり」

5. (参考)熊本港の現状

 

第6章 長崎港における効率的な輸送体系上の実現に向けた方策

1. 短期的な方策

2. 中長期的な方策

3. 重点的に取り組むことが望ましい方策(重点プロジェクト)

 

第7章 長崎港における効率的な輸送体系上の実現に向けた提言

1. 長崎港における国際航路網充実の意義

2. 長崎港における輸送体系の将来像

3. 長崎港の将来像実現に向けた戦略

4. 長崎港の将来像実現に向けた方策

5. 各関係主体に求められる役割

6. 将来像の実現に向けた課題

 

資料編

アンケート調査票

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,198位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
9,010

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.三郷保育園遊戯室増築写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から