日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究報告書

 事業名 船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究報告書

社団法人 日本海難防止協会

平成9年度

 

目    次

緒言

委員名簿

T 研究概要

1.実施目的

2.研究の内容および経過

3.本事業の成果

 

U 研究の内容

1. 研究の進め方

1.1 基本方針

1.2 研究の対象範囲

1.3 研究方法

 

2. 代替手段に関する情報の収集・整理

2.1 海外における検討

2.2 国内における検討

 

3. 代替手段の有用性に関する検討

 

4. 代替手段の実験

4.1 実験目的

4.2 実験方法

4.3 実験結果

4.4 有用性の検討

 

5. 代替手段の現状評価および課題

 

6. むすび

 

V 参考資料

 

1. MEPC41/9、 HARMFUL AQUATIC ORGANISMS IN BALLAST WATER、31 December 1997(英文)

 

2. MEPC41/9、 HARMFUL AQUATIC ORGANISMS IN BALLAST WATER、31 December 1997(仮訳)

 

3. RESOLUT10N A. 868(20). adopted on 27 November 1997. GUIDELINES FOR THE CONTROL AND MANAGEMENT OF SHIPS' BALLAST WATER TO MINIMIZE THE TRANSFER OF HARMFUL AQUATIC ORGANISMS AND PATHOGENS (英文)

ANNEX GUIDELLINES FOR THE CONTROL AND MANAGEMENT OF SHIPS' BALLAST WATER TO MINIMIZE THE TRANSFER OF HARMFUL AQUATIC ORGANISMS AND PATHOGENS

CHAPTER 1 - INTRODUCTION

CHAPTER 2 - DEFINITIONS

CHAPTER 3 - APPLICATION

CHAPTER 4 - GUIDELINE OBJECTIVES AND BACKGROUND

CHAPTER 5 - DISSEMINATION OF INFORMATION

CHAPTER 6 - TRAINING AND EDUCATION

CHAPTER 7 - PROCEDURES FOR SHIPS AND PORT STATES

7.1 Procedures for skips

7.2  Procedures for port States

CHAPTER 8 - RECORDING AND REPORTING PROCEDURES

8.1 Procedures for ships

8.2 Procedures for port States

CHAPTER 9 - SHIPS' OPERATIONAL PROCEDURES

9.1 Precautionary practices

.1  Mimimizing uptake of harmful aquatic organisms, pathogens and sediments

.2 Removing ballast sediment on timely basis

.3 Avoiding unnecessary discharge of ballast water

9.2 Ballast water management option

.1 Ballast water exchange

.2 Non-release or minimal release of ballast water

.3 Discharge to reception facilities

.4 Emergent and new technologies and treatments

CHAPTER 10 - PORT STATE CONSIDERATION

10.1 Highly disparate conditions between uptake and discharge ports

10.2 Ballast water age

10.3 Presence of target organisms

CHAPTER 11 - ENFORCEMENT AND MONITORING BY PORT STATES

CHAPTER 12 - FUTURE CONSIDERATIONS EN RELATION TO BALLAST WATER EXCHANGE

12.1 Research needs

12.2 Long-term evaluation of safety aspects in relation to ballast water exchange

CHAPTER 13 - BALLAST SYSTEM DESIGN

Appendix 1 - Ballast water reporting form

Appendix 2 - Guidance on safety aspects of ballast water exchange at sea

 

4. RESOLUT10N A.868(20). adopted on 27 November 1997. GUIDELINES FOR THE CONTROL AND MANAGEMENT OF SHIPS' BALLAST WATER TO MINIMIZE THE TRANSFER OF HARMFUL AQUATIC ORGANISMS AND PATHOGENS (仮訳)

ANNEX 有害水生生物・病原体の移動を最小化する船舶バラスト水制御・管理のためのガイドライン

第1章 序文

第2章 定義

第3章 適用 

第4章 ガイドラインの目的及び背景

第5章 情報の普及

第6章 訓練及び教育

第7章 船舶及び寄港国のための手順

7.1 船舶のための手順

7.2 寄港国のための手順

第8章 記録及び報告手順

8.1 船舶のための手順

8.2 寄港国のための手順

第9章 船舶運用手順

9.1 予防的措置

.1 有害水生生物・病原体及び沈殿物の取り入れ最小化

.2 バラスト水沈殿物の時宜を得た除去

.3 不必要なバラスト水排出回避

9.2 バラスト水管理選択

.1 バラスト水交換

.2 バラスト水の非放出又は最小限度の放出

.3 受入施設への排出

.4 新興かつ新規の技術及び処理法

第10章 寄港国の考慮

10.1 漲水/排出間の顕著異なる条件

10.2 バラスト水年齢

10.3 標的生物の存在

第11章 寄港国による執行及び監視

第12章 バラスト水交換に関する今後の検討

12.1 調査の必要性

12.2 バラスト水交換に係る安全性長期的評価

第13章 バラストシステムデザイン

付録1 バラスト水報告様式

付録2 洋上バラスト水交換の安全性に係るガイダンス

 

プランクトン分析結果元表

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
655位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
14,596

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究」の報告書
2.新津波警報伝達システムの普及事業実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から