日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究―報告書―

財団法人 九州運輸振興センター

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はしがき

委員名簿

 

「海上輸送網を活用した効率的な物流システム構築に向けた提言」

1. 宮崎県における海上輸送網を活用した物流効率化の方向性

2. 荷主企業および物流業者における物流効率化の実態と物流を取り巻く状況の変化

3. 海上輸送網を活用した効率的な物流システムのあり方

4. 宮崎県下主要港湾の将来像と役割分担

5. 物流システム構築に向けた方策

6. 海上輸送網を活用した効率的な物流システム構築に向けた課題

 

第1章 調査の概要

1. 調査の背景と目的

2. 調査フロー

3. 調査内容と方法

 

第2章 宮崎県における海上輸送網を活用した物流効率化の方向性

1. 宮崎県における海上輸送網を活用した物流効率化に向けた課題の再整理

2. 宮崎県における海上輸送網を活用した物流効率化に向けた方向性

 

第3章 荷主企業および物流業者における物流効率化の実態

1. ヒアリング調査の対象

2. 消費財(雑貨類)を中心とした企業間物流の構造変化への対応

3. インターネットを通じた無店舗販売の進展に伴う対個人物流の変化への対応

4. 中小トラック事業者のネットワーク化の促進

5. 下り荷の確保や物流事業を取り巻く状況の変化に対応した海上輸送網の拡充

6. 輸出入コンテナ貨物の荷主の細島港利用促進と港湾物流機能の強化

7. 県内3港湾の発展方向と役割分担・連携のあり方

 

第4章 海上輸送網を活用した物流効率化の先進事例

1. 東京〜苫小牧航路における超高速フェリーの導入事例

2. 宮崎県との比較

 

第5章 荷主企業に対するアンケート調査結果

1. 製造業アンケート調査結果

2. 卸小売業アンケート調査結果

 

第6章 海上輸送網を活用した効率的な物流システムのあり方とその実現に向けた方策

1. 海上輸送網を活用した効率的な物流システムのあり方

2. 宮崎県下主要港湾の将来像と役割分担

3. 各港湾の役割分担に対応した方策

4. 海上輸送網を活用した効率的な物流システム構築に向けた課題

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,898位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
5,045

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.マリンジャーナル2000年春Vol.58
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から