日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書 ?先進諸国海上保安体制調査ドイツ?

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


平成11年度国際的海上保安業務の推進事業報告書−先進諸国海上保安体制調査ドイツ−

財団法人 海上保安協会

平成11年度

mokuji-1.gif

 

目    次

まえがき

 

第1 総論

1. 調査の目的

2. 調査対象国

3. 調査員

4. 調査日程

 

第2 調査結果

1. ドイツ事情

(1) 概観

(2) 内政

(3) 外交

(4) 国防

(5) 日独関係

2. 連邦交通・建設・住宅省

(1) 組織

(2) 業務所掌

(3) ドイツの立法・行政体系

(4) 捜索救難について

(5) 海洋汚染防止

(6) 航路標識

3. 連邦海運水路庁

(1) 組織

(2) 業務概要

(3) 所属船舶

(4) その他

4. ハンブルグ州水上警察

(1) ハンブルグ港及びハンブルグ市

(2) ハンブルグ水上警察

(3) 海上における銃器、薬物事犯等の取り締まり状況

5. 入手資料一覧

 

第3 あとがき

 

別添資料

別添資料-1 連邦交通・建設・住宅省・組織図

別添資料-2 海上保安に係る各分野の担当機関の名称等

別添資料-3 ドイツ海難救助協会保有船艇・使用可能航空機要目

別添資料-4 SAR活動実績の概要

別添資料-5 “NEUWERK”General Speccifications

別添資料-6 The Stranding of MV“Pallas”off the Coast of AMRUM An Oil Pollution Disaster for Sea-Birds

別添資料-7 航路標識の設置状況

別添資料-8 Lighthouses and Lights

別添資料-9 Service vessels

別添資料-10 連邦海運水路庁所属船 主要目等

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,513位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
2,763

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.COMPASS No.36
2.COMPASS No.37
3.舶用工業の需要動向調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から