日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成11年度 船舶通航業務における高速船の監視方式調査研究中間報告書

 事業名 船舶通航業務における高速船の監視方式の調査研究
 団体名 日本航路標識協会  


平成11年度 船舶通航業務における高速船の監視方式調査研究中間報告書

財団法人 日本航路標識協会

平成11年度

mokuji-1.jpg

 

目    次

はじめに

 

I 調査研究の概要

 第1章 調査研究の概要

  1. 調査研究目的

  2. 調査研究項目

  3. 委員会の設置

  4. 委員会等の開催状況

 

II 調査研究結果

 第1章 新方式レーダーシステムの検討

  1.1 新方式レーダーシステムの基本構想

  1.2 新方式レーダーシステムの構成

  1.3 監視映像の表示

 第2章 新方式レーダー設計上の問題点の検討

 第3章 シミュレーション、船舶通航データ収集、解析

  3.1 新方式レーダーのシミュレーションによる事前検討

  3.2 シミュレーションの可能性の調査

  3.3 シミュレーション方法の検討

  3.4 船舶通航データ収集と解析結果

  3.5 新方式レーダーの考察

 第4章 船舶通航業務システムへの具体的適用と今後の課題

  4.1 新方式レーダーの船舶通航業務への具体的適用

  4.2 船舶通航業務システムへの具体的適用

  4.3 今後の課題

 

参考資料1 シミュレーション方法の検討段階で不採用となった案

参考資料2 追尾処理の説明資料

参考資料3 既存レーダーの誤差特性について

参考資料4 既存VTSにおける船舶映像の表示について

参考資料5 新方式レーダーシステムでのレーダー映像合成処理

参考資料6 位置確率について

参考資料7 追尾のロストと乗り移りの関係

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,303位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
3,953

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.第9回国際VTSシンポジウム出席報告
2.国際航路標識協会(IALA)第12回VTS委員会
3.国際航路標識協会(IALA)第12回エンジニアリング委員会出席報告書
4.ILA(国際ロラン協会)会議出席報告書
5.第42基準研究部会 「船舶の確率論的安全評価方法に関する調査研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から