日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書

 事業名 型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書

社団法人 日本船舶品質管理協会

平成9年度

 

目    次

まえがき

1. 事業の目的

2. 事業の実施

3. 委員会の構成

 3.1委員会の構成

 3.2作業部会の構成

 3.3 委員会等の開催

4. 昨年度の調査結果についての検討

 4.1自己復正性能

 4.2 コンテナの強化

5. IMOの動向

6. 基本構造の検討

 6.1 自己排水機構の取り入れ

 6.2 艤装品の位置固定について

 6.3 コンテナについて

 6.4 実用品としての構造、その他

7. 二次試作品の設計、試作

 7.1 二次試作品の設計

 7.2 二次試作品の重心及び復原力計算

 7.3 二次試作品の製作

8. 二次試作品の性能評価

 8.1 試験項目及び方法

  (1) 自己復正試験

  (2) 射水試験

  (3) 自動排水試験

  (4) 水中膨張試験

  (5) 投下試験

  (6) 風速試験

 8.2 試験結果

  (1) 自己復正試験

  (2) 射水試験

  (3) 自動排水試験

  (4) 水中膨脹試験

  (5) 投下試験

  (6) 風速試験

 8.3 性能評価まとめ

9. 今後の展望

 9.1 大型救命いかだについて

10. まとめ

 

資料

表4. 平成9年度、新型式救命いかだ(定員25人)重量重心計算

表5. 新型式救命いかだ(二次試作品)反転浸水時復原性能計算(W1 0.375ton)

表6. 新型式救命いかだ(二次試作品)反転浸水時復原性能計算(W2 0.685ton)

表7. 新型式救命いかだ(二次試作品)反転浸水時復原性能計算(W3 1.185ton)

表8. 平成9年度自己復正いかだ(二次試作品)反転浸水時復原性能計算

表11. 角度と復正時間

図1. 新型式救命いかだ基本図(二次試作品)

図2. GZカーブ(W1 0.2)

図3. GZカーブ(W2 0.5)

図4. GZカーブ(W3 1.0)

図5. 新型式救命いかだ全体図(二次試作品)

図6. 新型式救命いかだコンテナ図(二次試作品)

図7. 復正時間

図8. 復正力の測定概要

図9. 復正モーメント

図10. 新型式救命いかだ水中膨脹試験用架台

図11. 新型式救命いかだ風速試験固定方法概要

写真1〜4:復正力測定

写真5〜6、7:外部補強気室(折れ曲がり状況)、排水弁

写真8〜9、10:射水試験、全体像

写真11〜12、13〜14:水中膨脹試験架台等、風速試験

写真15〜18:水中膨脹試験

写真19〜22:投下試験

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,719位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
2,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究」の報告書
2.海外における船用機器等の検査に関する調査研究報告書(韓国、中国及び東南アジア編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から