日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

大阪圏におけるとして集うの混雑緩和方策のあり方に関する調査研究報告書

 事業名 近畿圏における運輸交通事業の調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


大阪圏におけるとして集うの混雑緩和方策のあり方に関する調査研究報告書

関西交通経済研究センター

平成8年度

 

目    次

はしがき

第1章 調査研究の概要

(1)調査研究の目的

(2)調査研究内容

(3)調査研究体制

第2章 地下鉄御堂筋線及び接続路線における鉄道通勤の実態

2−1 大阪市中心部における通勤流動と混雑の現状

(1)大阪市中心部の鉄道網と交通流動

(2)地下鉄御堂筋線の交通流動

(3)大阪市中心部の鉄道の混雑率

2−2 事業所及び従業員の通勤に対する考え方

(1)事業所のアンケート調査結果

(2)事業所ヒアリング及び従業員アンケート結果

第3章 混雑発生要因の分析及び時差通勤施策推進に係る問題点の抽出

3−1 混雑発生要因の分析

(1)地下鉄御堂筋線への集中の要因

(2)ピーク時間帯への集中の要因

3−2 時差通勤等推進に係る問題点の抽出

(1)現状における問題点

(2)将来動向

第4章 時差通勤等施策推進方策と効果の検討

4−1 時差通勤等施策の推進方策の検討

(1)事業所側への働き掛け

(2)通勤者個人への働き掛け

(3)供給側での対応

(4)関係者による推進体制(協議会)の強化

4−2 時差通勤等のPR活動

(1)PR活動の概要

(2)主要駅でのポスターの掲示

(3)その他のPR活動

4−3 PR活動の効果の検討

(1)利用者アンケート調査の概要

(2)回答者の属性

(3)御堂筋線の利用状況

(4)PR活動の認知

(5)快適通勤への関心

(6)今後の施策推進に向けて

第5章 時差通勤等の施策推進についての提言

参考資料

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,576位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
5,086

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.東播磨港・姫路港における港湾運送事業の活性化に関する調査研究報告書
2.近畿圏における物流拠点の整備構想策定に関する調査研究報告書
3.近畿圏における海上・河川を利用したコンテナ輸送の促進に関する調査報告書
4.「近畿圏における運輸交通事業の調査研究」の報告書
5.インドネシア国航空機整備体制拡充計画調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から