日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

第9回国際VTSシンポジウム出席報告

 事業名 船舶通航業務における高速船の監視方式の調査研究
 団体名 日本航路標識協会  


第9回国際VTSシンポジウム出席報告

財団法人 日本航路標識協会

平成11年度

mokuji-1.jpg

 

目    次

1 はじめに

2 公式報告書

 2.1 序章

 2.2 開会式

 2.3 各セッションの内容

  2.3.1 第1セッション:VTS開発の現状

  2.3.2 第2セッション:VTS開発の現状(続き)

  2.3.3 第3セッション:VTS開発の現状(続き)

  2.3.4 第4セッション:将来のVTSの展望

  2.3.5 第5セッション:将来のVTSの展望(続き)

  2.3.6 第6セッション:VTS要員の採用、訓練、検定

  2.3.7 第7セッション:法制化と規制との関係

  2.3.8 第8セッション:自動識別システム(AIS)

  2.3.9 第9セッション:自動識別システム(続き)

  2.3.10 第10セッション:結論と勧告

 2.4 展示会

 2.5 施設見学

 2.6 社交行事

 2.7 謝辞

3 むすび

 

資料 参加者リスト((1)〜(6))

 

 

 

 

※ 成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,592位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
1,877

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.平成11年度 船舶通航業務における高速船の監視方式調査研究中間報告書
2.国際航路標識協会(IALA)第12回VTS委員会
3.国際航路標識協会(IALA)第12回エンジニアリング委員会出席報告書
4.ILA(国際ロラン協会)会議出席報告書
5.第42基準研究部会 「船舶の確率論的安全評価方法に関する調査研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から