日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−

地方自治情報センター

平成8年度

 

目    次

はじめに

阪神淡路大震災・被災状況図

序 章

第1節 研究の目的と内容

第2節 研究の体制

第3節 研究の概要

第1章 阪神・淡路大震災の概況

第2章 災害による情報機器等の被害状況の調査

第1節 調査概要

第2節 マシン室

2-1 フリーアクセスフロア

2-2 空調設備

2-3 電源設備

2-4 入退室扉

2-5 パーティション

第3節 ホストコンピュータ

3-1 ホストコンピュータ自体の被害

3-2 施設の崩壊によるホストコンピュータの被害

第4節 周辺機器

4-1 磁気ディスク、プリンタ等の床置き装置

4-2 モデム等の棚置装置

第5節 端末、パソコン

第6節 ネットワーク

6-1 LAN(Local Area Network ローカルエリアネットワーク)

6-2 通信回線

第7節 データ

7-1 磁気ディスクのデータ

7-2 磁気テープのデータ

第3章 情報機器等の被害に対する具体的な復旧作業の調査

第1節 調査概要

第2節 応急処置

第3節 状況調査・連絡作業

第4節 マシン室復旧作業

第5節 オンラインシステム復旧作業

第6節 復旧後のシステム運用

第7節 被災対応のシステム改修・開発

第4章 阪神・淡路大震災における課題の整理と対応の考え方

第1節 課題の整理

第2節 対応の考え方

2-1 コンピュータシステムの周辺設備の耐震性強化

2-2 外部との連絡手段の多重化

2-3 震災時の行動基準の作成

2-4 コンピュータシステムの設置手段の耐震性強化

2-5 バックアップデータ保管の多重化

2-6 代替機材の確保

参考資料

1 被害状況調査結果   

2 復旧作業調査結果

3 アプリケーション復旧の優先順位の設定例

4 震災対策マニュアルの例

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,248位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,813

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.インターネットの有効活用の調査研究
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から