日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

PROCEEDINGS OF ISME TOKYO 2000 SPECIAL LECTURE

 事業名 第6回舶用機関国際シンポジウムの開催
 団体名 日本マリンエンジニアリング学会  


PROCEEDINGS OF ISME TOKYO 2000 SPECIAL LECTURE

社団法人 日本マリンエンジニアリング学会

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

Proceedings of ISME TOKYO 2000 Special Lecture

 

Professor Anthony Paul Roskilly, BSc, PhD, CEng, FIMarE

講演者:Anthony Paul Roskilly教授 略歴

 

Marine Engineering : Design and Operation for Environmental Sustainability

ABSTRACT

1. INTRODUCTION

2. ENVIRONMENTAL IMPACT OF THE MARINE INDUSTRY

3. DEMANDS FOR TECHNOLOGICAL CHANGE

3.1 Fuel Consumption

3.2 Fuel Quality and SOx Emissions

3.3 NOx Emissions

3.4 Safety

3.5 System Healthcare

4. TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS

4.1 Wet NOx reduction in piston engines

4.1.1 Fuel-Water Emulsion

4.1.2 Water Injection

4.1.3 Humid Air Motor

4.2 Other developments in piston engines

4.2.1 Miller Cycle

4.2.2 Free Piston Engines

4.2.3 Steam Injected Diesel (STID) engine

4.2.4 Fuel Injection Rate Shaping and Common Rail Injection System

4.3 Fuel cell technology

4.4 Gas turbines

4.4.1 Improvements to the Simple Cycle

4.5 Electrical Transmission

4.6 Operability and maintainability

5. CONCLUSIONS

REFERENCES

 

マリンエンジニアリング:環境保持をめざしたデザインと運用

要約

1. はじめに

2. 舶用産業の環境への影響

3. 技術的な変革に対する要求

3.1 燃料消費

3.2 燃料の品質とSOxの排出

3.3 NOxの排出

3.4 安全

3.5 システムの保守管理

4. 技術開発

4.1 往復動機関における湿式NOx低減法

4.1.1 燃料―水エマルジョン

4.1.2 水噴射

4.1.3 湿り空気を用いる原動機

4.2 往復動機関におけるその他の開発

4.2.1 ミラーサイクル

4.2.2 フリーピストンエンジン

4.2.3 蒸気噴射デイーゼル(STID)エンジン

4.2.4 燃料噴射率制御及びコモンレイル噴射システム

4.3 燃料電池技術

4.4 ガスタービン

4.4.1 単純サイクルの改良

4.5 電気への変換

4.6 操作性と保守性

5. おわりに

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,839位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
2,654

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.プログラム ISME TOKYO 2000
2.論文集 ISME TOKYO 2000 Volume?
3.論文集 ISME TOKYO 2000 Volume?
4.ISME TOKYO 2000追加論文 ADVANCES IN MARINE ENGINE LUBRICATION
5.ISME TOKYO 2000 追加論文 FT8 Phase ? Reliability Improvement Program
6.参加者名簿
7.展示用DIRECTORY
8.学会誌Vol.36 No.2
9.中高齢者の災害防止のためにイラスト入り中高齢者災害事例と安全対策墜落・転落編
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から