日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

自然と文化 第67号(ニホンミツバチの文化誌)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5
自然と文化 第67号(ニホンミツバチの文化誌)images/b0727.jpg
(拡大画面: 44 KB)
目次
 
 (財)日本ナショナルトラストの事業活動
  1 保護事業
  2 調査事業[2001年度]
  3 入会についてのご案内
 
 日本人のニホンミツバチ観
 
 山蜜を飼う翁
 
 ニホンミツバチの生態
  1 ニホンミツバチはどこから来たか?
  2 ニホンミツバチによる旧式養蜂の歴史
  3 自然巣の構造
  4 巣内の環境調節
  5 食料の採集と貯蔵
  6 蜜源を知らせる情報伝達システム
  7 ミツバチ社会の構造と巣仲間認識
  8 分蜂と交尾飛行
  9 積極的な意味をもつ逃去
  10 スズメバチに対する防衛行動
  11 ほ乳類に対する防衛
  12 ニホンミツバチは病気にも強い
  13 ランとの特異な関係
  14 ニホンミツバチの棲息の現状と将来
 
 熊野におけるワバチの飼養
  ◎呼び名と形態や生態的特徴◎
  ◎ワバチを飼う道具◎
  ◎ワバチは「盛り」のシンボル◎
  ◎ワバチは神の使い◎
  ◎ゴーラとワバチの性格は土、そして呪物◎
  ◎地神としてのワバチ◎
  ◎ハチと植物と人を通して見た自然観◎
  ◎言葉から見た熊野と大陸の繋がり◎
  註釈
  文献
 
 伊那谷における養蜂
  ◎三つの文化圏◎
  ◎蜜桶◎
  ◎山地型と低地型◎
 
 遠野の養蜂
  ◎ミツバチを飼う人々◎
  ◎ニホンミツバチの飼い方◎
  ◎自然営巣からの採蜜◎
  ◎ニホンミツバチの外敵◎
  ◎ハチミツの利用法◎
  ◎ハチに関する俗信◎
 
 対馬の養蜂
  ◎蜂洞◎
  ◎分蜂◎
  ◎採蜜◎
 
 島原地方長崎県のハチ籠
  ◎竹籠を探す旅◎
  ◎壁土を塗ったハチ籠の構造◎
  ◎竹籠から飼育籠へ◎
  ◎醤油籠から飼育籠へ◎
  ◎消えゆくハチ籠養蜂◎
 
 西日本の伝統的養蜂の技術
  ◎ニホンミツバチの巣分かれ採取・方法[バケツを叩く民間信仰]◎
  ◎巣箱の形態[地域によって巣箱の形態、名称が違う]◎
  ◎採蜜道具[ヒトはニホンミツバチが冬越をするための蜜を残す]◎
 
 ニホンミツバチをめぐる人・労働・自然
   「ヤマバチが来る」
  ◎ニホンミツバチの伝統的養蜂◎
  ◎二つの地域にみる特徴◎
  ◎伝統的養蜂のもつ労働としての性格◎
  ◎民俗知識と技術◎
  ◎まとめ―伝統的養蜂と自然◎
 
 [連載]仮設の間道[4]断末魔
 
 [新連載]厦門福建省の建築・都市文化 戸外にあふれだす人々の生活空間
  ◎海賊の跋扈した交易都市◎
  ◎渾然一体となった都市空間◎
  ◎生活空間としての路地◎
  ◎近代都市空間での人々の営み◎
  ◎変貌していく風景◎
 
 財団法人日本ナショナルトラストからのメッセージ…
 
 【編集雑記】



 

 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



関連する他の成果物

1.黒石のこみせの町並み
2.旧吉田宿の町並み
3.島原?キリシタン弾圧の痕跡を残す町家と町なみ
4.自然と文化 第68号(ぼくの日記帳は、カメラだった。)
5.自然と文化 第69号 (特集1.アジア都市文化学の試み 2.大阪からのまなざし)
6.九州うんゆジャーナル 2001年夏号 VOL.62
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から