日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書

 事業名 知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書

財団法人 シップ・アンド・オーシャン財団

平成10年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はじめに

委員名簿

0.1 事業の目的

0.2 事業の計画

0.3 実施体制

 

1. 事業の実施内容

1.1 委員会等開催実績

1.1.1 高度造船CIM開発運営委員会

1.1.2 高度造船CIM開発推進委員会

1.1.3 高度造船CIMシステム技術ワーキンググループ

1.1.4 海外調査

1.1.5 対外発表

1.2 設備構成

1.2.1 ハードウェア

1.2.2 ソフトウェア

1.3 実施事項と実施経過

1.3.1 平成9年度の実施事項の概要

1.3.2 平成10年度の実施項目

1.3.3 平成10年度の実施経過

1.4 報告書の構成と実施事項の総括

1.4.1 構成と読者に期待すること

1.4.2 知識共有の仕組みの実現

1.4.3 プロセスモデルによる協業支援の検討

1.4.4 プロダクトモデルの共通化

1.4.5 プロダクトモデルの機能検証

 

2. オブジェクトリクエストブローカーによる知識共有の仕組みの実現

2.1 知識共有で目指すもの

2.2 知識共有化の仕組みと関連要素技術のレビュー

2.2.1 知識共有環境実現に必要な事項

2.2.2 CORBA/DCOMの概要と最新動向

2.3 ACIMリファレンスアーキテクチャの具体化

2.3.1 リファレンスアーキテクチャの見直し

2.3.2 リファレンスアーキテクチャ実現へのアプローチと実現レベル

2.3.3 CORBAオブジェクト基本サービス機能群(CORBA Object Services: COS)

2.3.4 GPME提供機能群(GPME Facilities: GF)

2.3.5 ワークフロー管理機能群(WorkFlow Management Facilities: WfMF)

2.3.6 造船業固有機能コンポーネント群(Domain Function Facilities: DFF)

2.3.7 新規開発アプリケーション(Applications: AP)

2.3.8 既存アプリケーション(Legacy Applications: LA)

2.3.9 ACIM共通サービス機能(ACIM Common Faciliteis: ACF)

2.3.10 市販の各種サービス機能群

2.4 エージェント技術の適用

2.4.1 エージェント技術導入の目的

2.4.2 エージェント技術の一般的な特徴

2.4.3 分散オブジェクトシステムの効率的運用へのエージェント技術の適用

2.5 プロダクトモデル管理の実現

2.5.1 バージョン管理に関するニーズ調査

2.5.2 製品データ管理に関する検討

2.6 プロトタイプ試行によるインターネット環境におけるORB運用技術の検討

2.6.1 実施内容

2.6.2 運用シナリオと試行環境

2.6.3 試行結果

 

3. プロセスモデルによる協業支援の検討

3.1 プロセスモデルの必要性

3.1.1 プロセスモデルの必要性と狙い

3.1.2 プロセスモデルによる協業支援環境の概要

3.2 エンジニアリング支援のためのプロセスモデリング

3.2.1 現状業務の課題の再整理

3.2.2 IDEF3によるプロセスモデルの検討とモデリングアプローチの再考

3.2.3 プロセスモデルの検討

3.3 プロセスモデルによる協業支援の仕組み

3.3.1 協業支援システムの全体構成

3.3.2 エージェントの機能と役割

3.3.3 プロセスサーバーの機能

3.3.4 エンタープライズサーバーの機能

3.3.5 協業支援システムのエージェント動作イメージ

3.4 プロトタイプシステムによる協業支援の検討

3.4.1 プロトタイプシステムの概要

3.4.2 プロトタイプシステムから得られた知見

 

4.プロダクトモデルの共通化

4.1 拡張方法

4.1.1 拡張の方向

4.1.2 拡張の手順

4.2 フレームライブラリ共通機能の拡張

4.3 船殻構造フレームライブラリ共通機能の拡張

4.3.1 拡張に当たっての方針

4.3.2 柔軟性向上に対する拡張

4.3.3 表現力の向上に関する拡張

4.3.4 拡張結果

4.4 艤装フレームライブラリ共通機能の拡張

4.4.1 艤装フレームライブラリの拡張の方向

4.4.2 拡張に当たっての方針

4.4.3 艤装品の表現範囲拡大に関する拡張

4.4.4 関係情報の表現力向上に関する拡張

4.4.5 拡張されたフレームライブラリの機能

4.5 工作フレームライブラリ共通機能の拡張

4.5.1 初期生産設計

4.5.2 工程設計

 

5.機能検証

5.1 機能検証の概要

5.2 初期生産設計アプリケーション

5.2.1 運用シナリオ

5.2.2 操作手順

5.2.3 システム開発環境

5.2.4 知識表現方法の具体化

5.3 工程設計アプリケーション

5.3.1 運用シナリオ

5.3.2 要件整理

5.3.3 操作手順

5.3.4 システム構成

5.3.5 知識の具体化

5.3.6 プロトタイプシステムの実装

5.4 既存システムとプロダクトモデルデータベースとのアダプターの開発

5.4.1 アダプター開発の実運用面からの意義

5.4.2 アダプターによるデータ交換のシナリオ

5.4.3 データ交換機能の構成

5.4.4 データ交換制御プログラムの構成

5.4.5 CADリポジトリアクセスサービス

5.4.6 固有部の実装

 

6. 高度造船CIM実現時の造船業務の質的変化

6.1 高度造船CIMの基盤情報技術で可能となること

6.2 高度造船CIM実現時の業務変革のイメージアップ

6.3 高度造船CIM実現時の業務イメージと基盤情報技術の関係

 

7. 平成11年度の開発スケジュールと開発環境

7.1 開発スケジュール

7.2 開発環境

 

8. 事業の成果

 

付録

2. オブジェクトリクエストブローカーによる知識共有の仕組みの実現に対する補足

S2.2 知識共有化の仕組みと関連要素技術のレビュー

S2.2.3 知識共有実現のための技術調査

S2.2.4 海外において実施した技術調査から得た知見

S2.5 プロダクトモデル管理機能の実現

S2.5.3 プロダクトモデル管理機能

S2.5.4 プロダクトモデル運用管理アプリケーション

S2.6 プロトタイプ試行によるインターネット環境におけるORB運用技術の検討

S2.6.1 実施内容

S2.6.2 運用シナリオと試行環境

S2.6.3 試行結果

用語解説

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,124位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
8,495

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究」の報告書
2.舶用機器の設計・技術情報の交換の高度化に関する開発研究報告書「本編」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から