日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

非GMDSS船遭難時における連絡手段の確保等に関する調査研究 中間報告

 事業名 非GMDSS船遭難時における連絡手段の確保等に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


非GMDSS船遭難時における連絡手段の確保等に関する調査研究 中間報告

社団法人 日本海難防止協会

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

まえがき

 

第1章 調査研究の概要

1.1 事業目的

1.2 事業計画

1.3 調査研究の経過

 

第2章 調査研究委員会

2.1 第1回委員会議事概要

2.2 第1回作業部会議事概要

2.3 第2回作業部会議事概要

2.4 第3回作業部会議事概要

2.5 第2回委員会議事概要

 

第3章 調査研究の実施

3.1 小型船舶海難の状況

3.1.1 概況

3.1.2 船舶海難の状況

3.2 海難発生時に使用された通信手段の状況

3.3 緊急時における連絡手段の確保等に関するアンケート調査

3.3.1 アンケート調査の結果

1-(1) 性別

1-(2) 年齢

1-(3) 居住地

2 所有する船舶

3 免状

4 船舶の使用頻度

5 乗船者数

6 活動海域

7 通信機器

8 緊急時通信の可否

9 緊急事態の経験

10 使用機器

11 緊急通信機器の必要性

12-(1) 知識

13 イパーブの自主的搭載

14-(1) 船上での携帯電話の主な使用目的

14-(2) 船上では携帯電話を何処においているか

15-(2) 購入意識

16 118番の認識

3.3.2 所見

3.4 遭難時の連絡手段として小型船舶搭載に適した通信機器類の検討

3.4.1 既存設備、機器類の現状及び検討

3.4.2 非GMDSS小型船舶用衛星イパーブの検討

3.4.3 その他の機器類の検討

 

第4章 今後の調査研究

 

参考資料 編

1 アンケート調査関係資料

2 作業班による「小型船舶に搭載すべき通信機器の検討」

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,801位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
2,263

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船積危険物の性状・情報管理等に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から