日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


本年度実験に用いたニッケル鉱、即ち、Pomalaa鉱とBoakaine鉱については、図の中央及び右の流れにある作業を既に実施しており、第3章及び第4章で述べるように、円錐貫入試験用試料の水分値のクライテリアを求めてある。また、最大粒径19mmの試料を保管してあるので、次年度にこの試料を用いて篩い分け円錐貫入試験を行うことにより、それぞれの試料に関する円錐貫入力のクライテリアを設定する予定である。

 

2.6. 本年度の研究概要のまとめ

本年度は、荷役現場において、篩い分けを行わずに締め固めを定量化した試料に対する円錐貫入試験と、最大粒径を19mmとした試料に対する円錐貫入試験の両方を行うことにより、また、日本冶金工業(株)大江山製造所の方々の指摘を受けて、荷崩れ危険性評価法としては、篩い分け円錐貫入試験を開発することにした(3.2節参照)。さらに、一面剪断試験(3.4節参照)及び荷崩れの数値解析(4章参照)を行うことにより、Pomalaa鉱とBoakaine鉱について円錐貫入試験用試料の水分値のクライテリアを求めた。加えて、最大粒径と水分値の関係に関する実験(3.3節及び3.5節参照)を実施し、水分値のクライテリアの最大粒径に基づく換算を行った。当初予定していた「実験室円錐貫入試験」は実施せず、篩い分け円錐貫入試験開発のための予備試験を実施した(3.6節参照)。これらの試験結果に基づき、荷崩れ評価試験法の草案を作成した(5.1節参照)。

 

2.7. 今後の予定(5.2節参照)

次年度は、荷崩れ評価試験(篩い分け円錐貫入試験)装置を製作し、試験方法を決定する。並行して、3種類のニッケル鉱を用いて、一面剪断試験及び最大粒径と水分値の関係に関する実験等を実施して、円錐貫入試験用試料の水分値のクライテリアを決定する。そして、3種類のニッケル鉱及び本年度の実験に用いたPomalaa鉱並びにBoakaine鉱の計5種類の試料について、水分値を変えて荷崩れ評価試験を実施することにより、試験法を完成させるとともに、荷崩れ危険性から見た円錐貫入力のクライテリアを決定する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から