日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


3.2. 荷役現場における実験

3.2.1. 実験の目的

本年度の荷役現場における実験の主な目的は、試料の粒径調製を行わない状態で締め固めを定量化した場合の円錐貫入力と、試料の最大粒径を19mmとした場合の円錐貫入力の関係を明らかにすることである。

昨年度の実験結果から試料の最大粒径を19mmとした場合の円錐貫入力に基づきニッケル鉱の種類(産地等)によらない荷崩れ危険性のクライテリアを設定できる見通しが得られている。そのため、粒径調製を行った試料と行わない試料の円錐貫入力の関係がニッケル鉱の種類により異なる場合は、試料の粒径調製を行わない円錐貫入試験ではニッケル鉱の種類によらない荷崩れ危険性のクライテリアを設定することは困難であると考えられる。ニッケル鉱の種類によらないクライテリアが設定できない場合、荷役現場で用いるための荷崩れ評価試験法としては、昨年度当初に考えていた方法(粒径調製を行わない方法)とは別の方法を開発する必要があると言える。

昨年度の荷役現場における円錐貫入試験では、Teoudie鉱を用いた実験と、Gebe鉱を用いた実験で、締め固め方法が異なっていたため、これらの鉱石における粒径調製を行わない試料の円錐貫入力と最大粒径を19mmに調製した試料の円錐貫入力の関係の違いが、必ずしも試料の粒径分布の違いによるとは結論できなかった。そのため、荷役現場における実験では、この点を確認するすることを主な目的とした。この目的のため、粒径調製を行わない試料についても、締め固めを定量化して、円錐貫入試験を実施した。

 

3.2.2. 実験実施場所、日程、試料及び担当者

本年度の荷役現場における実験は、上記の問題点を確認することを目的としていたため、可能な限り早期に実施した。実験はPomalla鉱及びBoakaine鉱について実施した。実験の場所及び日程は以下の通り。

(1) Pomalaa産ニッケル鉱に関する実験

日本冶金工業株式会社大江山製造所

平成10年7月14日〜17日

(2) Boakaine産ニッケル鉱に関する実験

大平洋金属株式会社八戸製造所

平成10年8月18日〜21日

いずれの実験も、実施担当者は、以下の通り。

船舶艤装品研究所 村山雅己

日本海事検定協会 飛延孝男

運輸省船舶技術研究所 太田進

実験ご協力いただいた日本冶金工業株式会社並びに大平洋金属工業株式会社の皆様に、厚くお礼申し上げます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
811位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
13,960

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から