日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


3.4. 一面剪断試験

3.4.1. 試験装置及び試験方法

試験に用いた装置は、丸東製作所製簡易一面剪断試験機S01型で、剪断箱内径(供試体直径)は60mmである。この装置は、剪断箱の中にセットされた供試体の上面から重錘により荷重をかけ、剪断箱のうち上箱の水平変位を拘束した状態で下箱を駆動し、その際に上箱を拘束するのに要する力を計測するものである。

一面剪断試験用試料の最大粒径は6.7mmとし、供試体の厚さは28mmを目標とした。供試体下面から剪断面までの高さは14.9mmであった。

試験の規格に沿って、剪断速度は1mm/minとし、抵抗剪断力は、剪断力が明確なピークを示した場合はそのピーク値、剪断力が明確なピークを示さない場合は、剪断変位8mmの時の剪断力を採用することにした。

試験方法の詳細については、昨年度の報告書4.4.1節を参照されたい。

試料の水分調製から実験までには、一週間以上数ヶ月までの時間をおいた。供試体は、適宜締め固めを行いながら、試料を剪断箱の中にマニュアルで挿入することにより形成した。その際、供試体を形成するのに要した試料の質量を求めた。圧密は、それぞれの実験における直圧力で5分間行い、圧密後の供試体の厚さを計測した。一面剪断試験における体積歪みは、供試体の厚さの変化を元の厚さ(圧密後且つ剪断開始前の厚さ)で割った値である。

試験は各水分値の試料について、直圧力を変化させて5回実施した。

 

3.4.2. Pomalaa鉱に関する試験結果

図3.4.1(1)〜3.4.1(6)は、Pomalaa鉱に関する一面剪断試験により得られた剪断変位と剪断応力及び体積歪みの関係を直圧力をパラメータとして表したものである。これらのグラフに基づき、剪断強度を求めた結果を図3.4.2(1)〜3.4.2(6)に示す。図においてeで示した間隙比は、剪断開始時のものではなく抵抗剪断応力解析時のものであり、見かけ密度 は抵抗剪断応力解析時のものの平均値である。また、 及び はそれぞれ抵抗剪断係数及び粘着力を意味する。

 

3.4.3. Boakaine鉱に関する試験結果

Pomalaa鉱の場合と同様に、剪断変位と剪断応力及び体積歪みの関係を図3.4.3(1)〜3.4.3(6)に、剪断強度を図3.4.4(1)〜3.4.4(6)に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
811位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
13,960

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から