日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


第5章 荷崩れ評価試験法草案及び今後の課題

 

5.1. 荷崩れ評価試験法草案の検討

5.1.1. 荷崩れ評価試験法の概要

本節においては、現時点で明記できない部分もあるが、これまでに知見が得られた範囲で荷崩れ評価試験法について記述する。基本となるのは「篩い分け円錐貫入試験(2.4節参照)」であり、荷崩れ危険性から見た円錐貫入力のクライテリアは今後設定する。荷崩れ評価試験法の概要は以下の通り。なお、[ ] 内の数値については今後検討する。

(1) 試料を[??kg] 抽出し、最大粒径が19mmとなるよう、篩い分けを行う。

(2) 所定の方法で突き固めによる締め固めを行い、モールド(所定の試験用容器)に試料を挿入する。

(3) モールド内の供試体(締め固めた試料)について円錐貫入試験を実施する。

(4) モールド内の試料を除去する。

(5) (2)〜(4)の作業を [5] 回繰り返す。

(6) [5] 回の試験により得られた円錐貫入力の代表値が、[??kgf] 以下であれば、その貨物は航海中に荷崩れを起こす可能性があると判定する。

装置としては、以下の物が必要である。

(1) 円錐貫入試験装置

(2) モールド

(3) 締め固め器具(ランマー)

(4) 篩及び治具

(5) その他の器具

試験には、装置の準備及び片づけを別として、1]試料の篩い分けに要する時間、2]締め固めに要する時間、3]円錐貫入試験に要する時間、4]モールド内の試料を除去するのに要する時間等が必要である。各作業に要する時間の見積もりは今後の課題であるが、このうち3]円錐貫入試験に要する時間は、一回当たり数分であることが分かっている。

これらの作業のうち、円錐貫入試験以外は1名でも可能と考えられる。円錐貫入試験を1名で行えるようにすることについても、必要に応じて検討する。

 

5.1.2. 荷崩れ評価試験用装置

試験に必要な装置の概要は以下の通り。

(1) 円錐貫入試験装置

これまでの研究で用いてきた円錐貫入試験装置で良い。即ち、円錐の底面(上面)の面積が6.45cm2で、円錐貫入力の計測範囲が50kgf程度の装置であれば良い。なお、試験を1名で行うためには、試験装置のロッドにストッパーを備えることにより、試料の上面から10cm円錐が貫入した時点でロッドがモールドに当たって円錐の貫入が停止するようにすることも考えられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から