日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成12年度天然ガス改質舶用セラミックスエンジンの研究開発報告書

 事業名 天然ガス改質舶用セラミックスエンジンの研究開発
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


平成12年度天然ガス改質舶用セラミックスエンジンの研究開発報告書

財団法人 シップ・アンド・オーシャン財団

平成12年度

mokuji-1.gif

 

目    次

はじめに

天然ガス改質舶用セラミックスエンジンの研究開発委員会名簿

1. 事業の目的

 

2. 事業の実施概要

2.1 事業の概要

2.2 委員会

 

3. 緒言

 

4. 開発エンジンの概要

 

5. 排気エネルギー回収システム

5.1 高効率熱交換器の設計・試作・評価及び改良

5.1.1 多孔質金属と平板の接合

5.2 高効率タービンの設計・試作・評価及び改良

 

6. 遮熱単気筒エンジン

6.1 遮熱エンジンの構造

6.1.1 放熱量計算

6.1.2 魔法瓶構造燃焼室

6.1.3 遮熱エンジンの材料について

6.1.4 熱伝導、低減ガスケット

6.1.5 吸排気ポートの遮熱

6.2 燃焼室

6.2.1 予混合圧縮着火ディーゼルエンジン

6.2.2 部分負荷と全負荷

6.3 燃料供給方式

6.4 ガスシール構造

6.5 遮熱型熱回収エンジンの熱流れ

6.6 天然ガス改質エンジンのエネルギー流れの詳細説明

6.7 試作及び試運転、初期評価

 

7. まとめ

 

8. 結言

 

補足資料 A. システム最適化検討について

A.1 シミュレーションプログラムの作成

(1) サイクル計算プログラム

(2) 燃料改質装置の最適化プログラム

(3) 排気エネルギー回収タービンの最適化プログラム

(4) 蒸気タービンによる熱効率改善効果算定プログラム

A.2 最適システムの検討

(1) 基本エンジン性能

(2) 吸気温度、遮熱度、排気圧力とシステム熱効率の検討

(3) 各要素効率の影響

A.3 構造解析による遮熱構造の検討

(1) セラミック部材の構造解析

(2) 燃焼ガス経路構成部品遮熱度目標値検討

(3) 燃焼室周りの遮熱構造検討・構造解析

(4) 目標熱発生率検討シミュレーション計算

 

補足資料 B. 図面、写真

 

用語集

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
666位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
16,345

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.Code of federal regulation(和訳)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から