日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

新型式救命いかだの性能に関する調査研究報告書

 事業名 型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


新型式救命いかだの性能に関する調査研究報告書

日本船舶品質管理協会

平成8年度

 

目    次

1. まえがき

2. 事業の目的

3. 事業の実施

4. 委員会の構成

4.1 委員会の構成

4.2 作業部会の構成

4.3 委員会等の開催

5. 調査研究の進め方

6. 性能要件の検討

6.1 自己復正型救命いかだに対する要件及び試験基準

(1)自己復正型救命いかだに対する性能要件及び試験基準

(2)水中膨脹試験の実施方法について

(3)自己復正型救命いかだの基本要件

6.2 天幕付両面型救命いかだに対する要件及び試験基準

(1)天幕付両面型救命いかだに対する要件及び試験基準

(2)天幕付両面型救命いかだの基本要件

6.3 救命いかだ全般に対する性能要件及び試験基準

(1)救命いかだ全般に対する性能要件及び試験基準の一部改正

(2)膨脹方法の変更について

(3)風速試験の実施方法について

7.基本構造の検討

7.1 自己復正型救命いかだ

7.2 天幕付両面型救命いかだ

(1)天幕を両面に展張する場合

(2)天幕構造を持たない場合

7.3 基本構造及びタイプの選定

8. 一次試作品の設計及び製作

8.1 既存いかだによる予備的検討

8.2 試作原案

8.3 試作原案に対する復原性計算

(1)復正限界角度

(2)復原性計算

8.4 試作品の設計及び製作

9. 主要性能の確認試験

9.1 試験項目及び方法

(1)自己復正試験

(a)逆転膨脹時の復正試験

(b)自己復正性能の確認

(2)水中膨脹試験

(3)投下試験

9.2 試験結果

(1)自己復正試験

(a)逆転膨脹時の復正試験

(b)自己復正性能の確認

(2)水中膨脹試験

(3)投下試験

10. 今後の改良方針について

11. まとめ

12. あとがき

13. 資料

表13;既存救命いかだ(T−25A型)の重量重心計算

表14;既存救命いかだ(T−25A型)の排水量計算

表15;反転状態での排水量計算

表16;反転状態での重心高さ、慣性モーメント等

表17;第1次試作自己復正いかだ反転浸水時の復原性能検討計算

図1;既存救命いかだ(T−25A型)の復正限界角度推定図

図2;試作原案(自己復正いかだ設計基本図)

図3;試作原案(””(部品位置))

図4;試作原案の復正限界角度推定図

図5;天幕内部の海水の量(100mの高さ)

図6;天幕内部の海水の量(200oの高さ)

図7;天幕内部の海水の量(300mの高さ)

図8;1次試作品(救命いかだ)

図9;1次試作品(コンテナ)

図10;自己復正試験の概要

図11;自己復正試験測定結果

写真;自己復正試験(写真1,2)

水中膨脹試験(写真3〜10)

投下試験(写真11〜18)

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,979位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
1,153

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
2.「型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究」の報告書
3.海外における船用機器等の検査に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から