日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うつのカウンセリング学

 事業名 健康教育の啓蒙普及並びに調査研究(Enlightening movement & Research of Health education
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


うつのカウンセリング学images/b0585.jpg
(拡大画面: 133 KB)
目次
 
 第1部 うつの理解
  I はじめに
   1.現代社会とうつ
   2.依存的な性格とうつ
  II うつの病理
   1.うつ状態は正常な反応か
   2.うつ状態に陥る要因とは何か
  III うつ反応の心理的メカニズム
   1.精神分析
   2.認知療法
   3.行動療法
   4.社会心理学
   5.実存主義
  IV うつクライアントとその幼少時代
   1.早期の喪失
   2.早期の不安
  V うつ反応をしやすい人の性格
   1.硬い性格
   2.目標追求型
   3.過度な依存
  VI うつ反応のサイクル
   1.初期
   2.中期
   3.回復期
 
 第2部 うつへの対応
  I うつにどう対応するか
   1.喪失の特定
   2.抽象的喪失の分離
   3.真の喪失から想像上の喪失を分離
   4.悲嘆のプロセス
  II うつ反応しやすい人への実際的対応と予防
   1.対人関係は心理的抗うつ剤
   2.その日にできる実際的対処
   3.うつ状態から効果的に逃れるためのメンタル・トレーニング
   4.うつに陥らないようにするための予防策
  III 援助者の心得
   1.援助者の姿勢
   2.援助者の基本的ルール
   3.援助者のなすべきこと
  IV おわりに
 



 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
246位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
48,310

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「新老人運動」へのお誘い
2.これからの看護記録・新しく変転するPOS ?診療情報開示とリスクマネージメントを視野にいれて?
3.精神疾患の身体症状、身体疾患の精神症状
4.私たちの遺書?語り残した戦争体験?
5.平成13年度 海外医療事情調査報告書 米国における老年医療の現況に関する調査報告
6.新老人 実りある第三の人生のために
7.月刊広報誌「教育医療」2001年4月
8.月刊広報誌「教育医療」2001年5月
9.月刊広報誌「教育医療」2001年6月
10.月刊広報誌「教育医療」2001年7月
11.月刊広報誌「教育医療」2001年8月
12.月刊広報誌「教育医療」2001年9月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年10月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年11月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年12月
16.月刊広報誌「教育医療」2002年1月
17.月刊広報誌「教育医療」2002年2月
18.月刊広報誌「教育医療」2002年3月
19.早期退院をめざすための技術と戦略 ?保健医療職に必要な患者ケアの技法に何があるか?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から