日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それからもうひとつ国連海洋法条約というものがいわゆる枠組条約であって、これをもとに、先ほど川村所長が言われましたように、海洋をめぐる紛争の平和的解決とか、あるいは持続可能な資源の開発とか、あるいは国際協力というものが原則的に定められていて、それに則ったいろいろな地域的あるいは地球的なレジームがこれからできあがっていく。そういう中にあって、枠組を示したこの国連海洋法条約を、今あるそのままの姿でいいというのではなく、これからいろいろなレジームができあがっていく過程が非常に重要なんだ。したがってある意味で、国連海洋法条約というのは「進化する法」とも言える、というようなことであったと思います。

 

15:海洋の世界の新三層構造

 

それから、そういう中にあって、海洋の世界ではどうも新しい三層構造ができつつあるのではないかということでした。ひとつはいわゆるウェストファリア体制以降の領域主権国家というものが主体となった国家と海洋との関わりの構造。二つ目は領域主権国家間同士の国益を調整する国際法が律する海洋世界の構造。それからもうひとつ、新しくいろいろなレジームができあがってくる段階で、領域主権国家の枠組を越えた、いわゆるボーダーレスというかトランスナショナルというか、そういうような海洋世界の構造もできてきている。非常に複雑な三層構造で、いわゆるナショナルとインターナショナルとトランスナショナルと、三つの構造ができつつあるのではないだろうかと。それが安全保障とか海洋の利用とか、そういうようなものにいろいろな影響を与えて行くであろうという説明があったと理解しています。

私は海洋法はあまり勉強しておりません、といったら「防衛研究所で海洋の研究をしているのに何をやっているんだ」と言われると思いますが、海洋法につきましては布施先生がどちらかと言いますと、いわゆる国連海洋法条約をこれからどう運営していくのかということについて確固とした哲学に従って動いておられますのに対して、私は本日ここにおいでの大内和臣先生の論文も拝見しているんですが、大内先生は非常にプラクティカルで、今の海洋の世界というものを現実的に見つめておられるのではないかなという印象を受けました。われわれとしては布施先生と大内先生、両先生のお話7 をお伺いできたというのは非常に有意義であったのではないかと考えております。簡単でございますが以上です。

 

第3回研究委員会(1999-9-27)

曽我正美氏「海洋と石油資源入門」

 

小川 どうもご苦労様でした。それでは、9月27日の第3回の研究委員会に話題を移しますが、日本エネルギー経済研究所のお二人の先生をお招きしました。理事の十市勉先生(136〜142頁参照)と主任研究員の曽我正美先生(143〜152頁参照)です。本日は曽我先生にお越しいただいておりますので、曽我先生から補足あるいは、その後の発展などについて、コメントをいただければと思います。ご自由にお話しください。

 

7 大内和臣・中央大学教授の講義については、第5回研究委員会「2004年の国連海洋法条約見なおしに日本はなにをすべきか」を参照。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から