日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


そして、海洋法の三つの柱を紹介していただきました。1] 海の平和をどのようなかたちで構築していくか。2] 経済的な側面。例えば二国間援助体制を飛び越えた南北問題解決の制度をどうやってつくるかということ。3] 環境問題。海全体をひとつのエコシステムとして人類の責任で管理するという考え方でした。その中で、防衛研究所が中心になって進めている海洋安定化のためのOPK(Ocean Peace Keeping)についても紹介がありました。

 

13:布施先生講義のアウトライン

 

議事録の目次でいいますと次の通りです。

1:国際海洋法学会としての「IOI(アイ・オー・アイ)」

1.1:国際海洋法の研究とIOI

1.2:海洋法への日本のかかわり

2. 伝統的社会科学方法論の限界

2.1:横浜市立大学の例から

2.2:伝統的で形式的な社会科学は機能しない

3. 国際社会の基本構造の動揺

3.1:国家間の合意が機能しない

3.2:国連の限界

3.3:社会科学のほころびとグローバルイシュー

4:国際海洋法思想の変質

4.1:パルドー主義とはなにか

4.2:海洋法の三つの柱

4.3:国連海洋法条約の構造

4.4:オーシャン・ガバナンスと海洋の総合管理

5:海のPKO

5.1:海のPKO

5.2:OPK東京アピール

5.3:ユネスコなどの活動

 

14:「海洋自由」から「海洋管理」へ

 

秋元 川村所長が要領よくまとめられましたので、それに特に付け加えることはないんですが、布施先生が言われたのは、国際海洋法の基本構造が、国連海洋法条約の発効によって大きく変わってきているのではないかということでした。それまで、慣習的な国際法とか、個々の例えば漁業のための200マイル暫定水域とか、いろいろな取り決めがあったんですが、国連海洋法条約が発効して、それがいちおう「海の憲法」になった。これによって、客観的に見ると、「海洋自由」が「海洋管理」へと海洋利用秩序の基本構造が大きく変わってしまった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から