日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


曽我講師のセッション

 

9:全体の概観

 

曽我 曽我でございます。私の名前は「蘇我入鹿」の蘇我ではなくて「曽我兄弟」の曽我です。それでは、お話をさせていただきます。

まず私の考えているストーリーをお話しします。先ほど十市さんからもお話がありましたが、エネルギー供給、セキュリティに関する考え方が欧米のほうで変わってきていますので、それを若干ご紹介します。それに対してアジアのエネルギー調達市場の脆弱性ということで考慮することがある。そして、2010年までに起こり得るアジアエネルギー危機の中に中国があるということを述べます。そのあと、今後のアジア政治危機対応課題ということで、岡崎さんの論文なども、こういう機会ですのでご紹介させていただきます。一般的関心事項としては中国の保有する原油船舶ですね。世界で一番大きい石油の船舶量、これは中国でして、こちらのほうも環境汚染対策課題というのがあるんです。これについては、たまたま私は、韓国人の船長さんで乗ってきた悪名高きといいますか「モーニンググローリーワン」という船があるんですけれども、非常に教育水準が低いことを正直にお話しされて、2年後ぐらいに3000万円ほどペナルティで保険会社から返ってきました。そういう船長さんが韓国人を使って、もちろん中国人もたくさんいらっしゃって、そういうような管理をして、たくさんの船が今マラッカを通行しているということに対する、日本を含めたアジア側の仕事があるのではないかということです。

一番下に、「欧州ではすでに平和を確立して脱ナショナリズム新時代へ」と書きましたが、これは岡崎さんの言葉の真似になりますけれども、そういうことで環境対策等、EU統合によって国際的経済活動競争力を強化する方向に地域として向かっています。ところが、日本とか韓国とか、そういうところがあまりにも連携プレーがなさ過ぎるという問題から、研究課題1] として「日韓石油産業の連携オプションの分析」をご紹介します。

もうひとつ、「ノルウェーの最先端原油開発技術力25年で確保実現」と書きましたけれども、400万人の人口の国が、25年前にはゼロのところから300万B/Dぐらい生産し始めました。日本は400万B/D強をいま使っているわけですけれども、ほぼノルウェー一国でそういうポテンシャルを25年間で持ったわけです。これは日本の原油開発技術力確保ということにとってはひとつの先例と言いますか、参考になるわけで、日本ができないわけではないと私は感じております。

そういう意味で、最終的に沖縄というものもひとつの課題かと思いまして、今回の課題があるので考えていたわけではないんですけれども、私が3年目になるエネ研で、1年ほど前からいろいろ考えたことを申し上げたいと思います。それが「沖縄石油供給システムの活用有効性に関する検討の必要性」ということです。これは「中国の国際競争力ある原油調達価格を実現することを支援しなければいけない」と書いたんですが、今は日本が買う価格でアジアのマーケットの限界が決まっています。一番高く買う国、買える国です。ところが2005年あたりに中国の需要量が相当増えてきて輸入国に転じるときに、中国が高い価格で買うと、その価格がアジアマーケットの価格になりますので、その点をいかにリーズナブルな価格で買って来れるかということを、沖縄を使って支援できるか、ということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から