日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


16:「精油所からの排水がゼロになるような精油所があり得るか」

 

曽我 日本エネルギー経済研究所の曽我でございます。せっかくの機会ですので、自己紹介もかねてお話しさせていただきます。私は北海道の出身でございまして、先ほど中国のお話をいろいろお伺いさせていただいたんですけれども、北海道にはラーメンがあります。これは、戦争に行って、かなり過酷な状態のなかから兵隊が持ち帰ったものでして、私はラーメンが大好きでございますが、北京のラーメンはめちゃくちゃまずいんですが、いつもラーメンを食べていると、中国にはお世話になっているなと思っているのです。わたしは北大では内村鑑三の何代目かの弟子になりますけれども、最近になってようやく井上靖の『天平の甍』を読んで、頑張らなくちゃと思ってやっているところです。

北大の水産学部から最初は共同石油に入りました。これは通産省主導でやっていた和製メジャーですね。それから瀬戸内海の精油所に転勤したところが、そこで第三水俣病事件が発生しまして、私も水俣まで見に行ったことがあります。海で泳いだりして、いろいろ悩んだのですが、「精油所からの排水がゼロになるような精油所があり得るか」というのが私の最初のレポートでございました。そういう意味で、海と言いますか、水も非常に親しみを持ったかたちで人生をスタートさせていただいております。

最近はエネルギー安全保障をやっておりました。石原慎太郎東京都知事が最近は大気汚染問題を言われているんですが、十市座長がただいまそのへんをやっているものですから下働き等をやっております。いろいろなエネルギー関係の経済効率的なところを今やらせていただいております。

 

17:エネルギー安全保障の概念の変遷

 

エネルギー安全保障の概念は、長い間にずいぶん変わってまいりました。欧米の議論では物理的な安全保障は過ぎ去ったと言ってよいでしょう。いまは、エネルギー経済効率がいかに自分の国あるいは地域で満足させられるかという、相対的な国際競争の中にエネルギー安全保障の問題が入っています。

先般の講義でご説明させていただいたのは、1997年・1998年にアジアは高い原油価格で中東原油を買わざるを得ないような状態に置かれたということです。欧米が買う価格に対して、アジア全体で100億ドル(1兆円)程度高い原油を買わされた。これは、日本が湾岸戦争のときに払った金額とほぼ同額でして、100億ドルという金を2年つづけて毎年出している。そういう意味では、日本やアジア周辺では、エネルギー安全保障が未確立であり、脆弱な状態に置かれている。こういう認識を、わたし自身が、ここ2、3年感じておりますので、そのお話をさせていただきました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から