日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

バードウォッチング案内人の手引き

 事業名 バードウォッチング案内人養成講座の開催等
 団体名 日本野鳥の会 注目度注目度1


バードウォッチング案内人の手引き

財団法人 日本野鳥の会

平成10年度

mokuji-1.gif

 

目    次

フィールドマナー やさしい気持ち

はじめに

第1章 自然との共存、その考え方や活動の伝え方 

1. 自然と人との共存とは

(1) 日本野鳥の会の理念

(2) 地球環境問題の現状

(3) 環境教育の現状

(4) 理念とバードウォッチング

2. 日本野鳥の会の活動とその伝え方

(1) 日本野鳥の会とは

(2) 日本野鳥の会の運営

(3) 理念や活動の伝え方

第2章 自然認識の基礎

1. 普及すべき知識とは

2. 自然科学の知識

(1) 生命

(2) 宇宙

(3) 太陽系と地球

(4) 生物や自然の学問領域

3. 生物についての基礎知識

(1) 生物種と分類

(2) 生物の進化

(3) ヒトの分類

4. 自然のしくみ

(1) 多様性と関連性

(2) 共存と循環

(3) 生物多様性とは

第3章 バードウォッチングの基礎

1. 鳥類の進化と特徴

2. 鳥類の体

(1) 飛ぶためのしくみ

(2) 外部形態

(3) 内部形態

3.  鳥類の分類

4. 野鳥の暮らし

5. 楽しみ方とフィールドマナー

(1) バードウォッチングの歴史

(2) バードウォッチングの魅力とマイナス面

(3) バードウォッチングの楽しみ方

(4) フィールドマナー

(5) 道具

(6) 用語

第4軍 案内の内容と方法、基本種の知識

1. バードウォッチング案内の前に

2. 案内の第1ステップから第3ステップ

3. 初心者の特性

4. 第1ステップの留意点

5. 説明のポイント

6. 見分け方の案内

7. 基本27種

第5章 地域の鳥や自然、自然保護

1. 日本という地域

2. 地域の鳥や自然

3. 自然保護上の地域の知識

4. その他

第6章 探鳥会の企画、運営、安全管理

1. 探鳥会の役割分担

2. 企画から実施

(1) 企画と準備

(2) 下見、解説やまとめの計画

(3) 実施

3. 安全管理

(1) 万が一の時の対応の心得

(2) 事故発生時の処置

(3) 傷害保険の例

第7章 解説技術

1. 話し方

2. 第3ステップへの展開

3. 対象別配慮

4. 小道具の活用

5. 実践プログラムとフィードバック

(1) 季節を探そう

(2) 観察カード

(3) フィードバック

6. 質問に答えるQ&Aの事例

(1) 鳥の名前について

(2) 鳥の知識一般

(3) QとA

第8章 活動と心構え

1. 案内人のやりがい

2. 探鳥会リーダーと「案内人」

3. 「案内人」の心得

4.  活動報告

参考

1. 本会直通連絡先

2. ネイチャースクール貸し出し用教材一覧

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,519位
(32,820成果物中)

成果物アクセス数
3,015

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月23日

関連する他の成果物

1.バードウォッチング案内人研修会実施要綱
2.バードウォッチング案内人通信(第1号)
3.「バードウォッチング案内人養成講座の開催等」の報告書
4.パイロット地域における環境保全型里地づくり調査報告書 −環境保全型里地づくりの現状と今後の方向−
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から