日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書

 事業名 高密度輸送の快適化の研究
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書

社団法人 日本鉄道電気技術協会

平成9年度

 

目    次

はじめに

 

1. 概要

1.1 研究の目的

1.2 研究の概要

1.3 研究の日程

 

2. シミュレータを用いた乗客誘導の効果検証

2.1 来客流シミュレータを用いた停車時分短縮効果の検証

2.1.1 列車遅延と混雑度の関係

2.1.2 乗降状況測定データの分析

2.1.3 乗客誘導による停車時分短縮効果

2.2 列車運行シミュレータの開発

2.2.1 シミュレーション実験の概要

2.2.2 列車運行シミュレータの概要

2.2.3 列車運行シミュレータの出力

2.3 列車運行シミュレータを用いた列車遅延防止効果の検証

2.3.1 乗客誘導による続行列車遅延防止効果

2.3.2 先行列車停車時分延長による続行列車遅延防止効果

 

3. 乗客誘導案内装置の開発と検討

3.1 乗客誘導の全体コンセプト

3.2 表示情報の検討

3.3 表示データの生成方法

3.4 乗客誘導案内装置の画面デザイン

3.5 表示デバイスの検討

3.6 乗客誘導案内装置の全体機能

3.7 乗客誘導案内装置の評価

3.7.1 委員会、幹事会での評価

3.7.2 一般乗客を対象とした評価実験

 

4. 研究の成果と課題

4.1 研究成果

4.2 今後の課題

 

5. まとめ

 

添付資料1 乗客誘導案内装置の評価データ集

1. テーマ概要

1 1 目的

1 2 使用機材

1 3 表示する画像

1 4 実験の場所と実施日・回収目標

1 5 アンケート用紙

1 6 アンケートの方法

 

2. 調査結果

2 1 要約

2 2 アンケート対象者

2 3 混雑度の低い車輌に乗りますか?

2 4 混雑度の低い次の電車に乗りますか?

2 5 誘導表示装置について

2 6 ヒヤリング結果(意見)

 

3. 資料

アンケート素データ

ヒヤリング素データ

現場状況写真

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
800位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
11,842

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.「高密度輸送の快適化の研究」の報告書
2.「踏切制御システムの開発事業」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から