日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


第4回研究委員会(1999-12-10)

唯是康彦氏「海洋資源問題入門」

 

小川 ご歓談時間が終了しました。では続きまして、12月10日に行ないました第4回研究委員会における千葉経済大学唯是康彦先生の講義(176〜191頁参照)と質疑応答(191〜206頁参照)について、秋元さんにまとめていただきます。テーマは、海洋資源問題で、その入門編を世界的権威である唯是先生にお願いしたわけです。唯是先生は食糧問題全体の専門家ですので、講義では、もったいない話ですが、全体には目をつぶりまして海洋の食糧資源についてのみお話をうかがいました。なお、唯是先生には、特別に原稿を依頼しまして、食糧問題全体から解き起こした漁業資源に関する論文をお書きいただきました。この論文が「海洋と漁業資源」ですが、講義録と併せて掲載しましたので、ごらんください。まず、講義をざっと読んでいただき、精密な議論は論文(207〜229頁)で確認するというのが、よろしいのではないでしょうか.....。

 

27:唯是先生講義のアウトライン

 

秋元 それでは、唯是先生の講義内容をご紹介しますが、講義では、海洋資源がいまこういう状況になっており、これからどうやっていくのがよいか、という提唱にまで踏み込んだ議論をしていただきました。

事務局のほうで講義録を配布されたようですが、1時間で先生のほうからお話しいただいた内容は次の通りでした。

1:食料の安全保障

2:世界は食糧危機なのか?

3:水産業に対する需要圧力

4:水産業の三つの方法(増殖、養殖、栽培漁業)

5:ハイテクの応用

6:統計からみる日本の漁業、世界の漁業

 

28:最大持続可能漁獲量

 

唯是先生は、マキシマム・サステイナブル・イールド(最大持続可能漁獲量)の計算そのものが非常に難しいというお話をされました。

例えば魚には「捕れば捕るほど増えるという妙な習性」もある。捕られると、魚が「ああ大変だといって子孫を増やす」ということで、人間世界にも、ホントかウソかわかりませんが、「戦争をよくやるところは男の子が多い」というDNAのようなところがあるとかないとか。

唯是先生がおっしゃったのは、「魚を捕らないで放っておけば、むしろ減るようなところもある」ということです。専門家のおっしゃることは、ここまでくると深遠というか、哲学的というか、素人の理解を超えております。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から