日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


平成11(1999)年度 公海の自由航行に関する啓蒙普及事業 論文シリーズ

 

特別寄稿論文

第8章 海洋と漁業資源2

唯是康彦(千葉経済大学教授)

 

1. 世界の食糧問題

2. 20世紀農業

3. 21世紀農業の可能性

4. 農業と生態系

5. 水産業と資源問題

6. 市場原理と安全保障

7. 食糧流通の世界管理

8. 水産業の展開

9. 養殖の限界

10. 栽培漁業の限界

11. ハイテクの応用

12. 食生活への反省

 

1. 世界の食糧問題

 

水産資源に関わる問題は、すべてそれを生産基盤とする水産物の需給状態との関連で検討されるべき課題であるが、水産物の大部分は食糧になるから、水産物の需給関係は食糧全体の需給関係のなかで位置付けられなくてはならない。そこで、まず世界の食糧需給を考察することからはじめる。

FAO (Food and Agriculture Organization)『2010年の世界農業』によると、世界の食糧需給はほぼバランスする、と考えられている。93の開発途上国で飢餓人口は1990年頃には7億8,100万人だったのが、2010年には6億3,700万人に減るという。また、アメリカ農務省の『2005年の国際農業見通し』でも穀物・油脂・畜産物の需給は結局バランスすることになる、という。

もちろん、飢餓人口がなくならない以上、この展望に問題がないわけではない。そのうえ、2050年には人口が国連見通しの中位数で約7割弱増加して、60億人の現在人口が98億人になるとみられている。そればかりでなく、生活水準が上がって動物性食糧の需要が高まると、その数倍の飼料需要が発生する。

 

2 平成11年度「公海の自由航行に関する普及啓蒙プロジェクト」のための書き下ろし原稿。12月10日に行われた研究委員会での講演をベースとした論文。(事務局)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から