日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

TC8の戦略対応に関する基礎調査報告書

 事業名 ISO/TC8幹事国業務
 団体名 日本船舶標準協会 注目度注目度5


略語、添字及び記号
 
 下記の表1、2、3及び4は、付録3の分析器の仕様、付録4の分析器の校正要件並びに5章及び付録6のガス質量流量の計算式を含めて、本コード全体を通じて使用される略語、添宇及び記号を示している。
 
.1 表1:
本コード全体を通じて述べられているディーゼルエンジン排出ガスの化学成分を表すために使用する記号;
.2 表2:
本コードの付録3に規定されているディーゼルエンジンからの排出ガスの計測に使用する分析器の略号;
.3 表3:
本コードの第5章に述べられている試験台における計測法のための排ガス質量流量の計算式すべてに使用されている用語及び変数の記号及び添字;
.4 表4:
本コードの付録6に規定されているカーボンバランス法に従った排ガス質量流量の計算式すべてに使用されている用語及び変数の記号及び説明。
 
表1.ディーゼルエンジン排出ガスの化学成分の記号
記号 化学成分 記号 化学成分
C3H8 プロパン NO 一酸化窒素
CO 一酸化炭素 NO2 二酸化窒素
CO2 二酸化炭素 NOx 窒素酸化物
HC 炭化水素 O2 酸素
H2O    
 
表2. ディーゼルエンジン排出ガスの計測における分析器の略語(付録3参照
略語 用語 略語 用語
CFV 臨界流れベンチュリ HFID 加熱形水素炎イオン化検出器
CLD 化学発光検出器 NDIR 非分散形赤外分析計
ECS 電気化学検出器(センサ) PDP 容積形ポンプ
FID 水素炎イオン化検出器 PMD 常磁性検出器
FTIR フーリエ変換赤外分析計 UVD 紫外線検出器
HCLD 加熱形化学発光検出器 ZRDO ジルコニア検出器(センサ)
 
表3. 試験台における計測法の式に使用される用語及び変数の記号並びに添字(付録5参照
記号 用語 単位
AT 排ガス管の断面積 m2
C1 カーボン1等価炭化水素
conc 濃度 ppm又はVol%
concc バックグラウンドにより補正した濃度 ppm又はVol%
EAF 空気過剰率(燃料1kg当たりの乾き空気量kg) kg/kg
EAFRef 標準状態における空気過剰率(燃料1kg当たりの乾き空気量kg) kg/kg
fa 実験室の大気係数(エンジンファミリーにのみ適用)
FFCB カーボンバランス計算のための燃料比係数
FFD 乾き状態における排ガス流量計算のための燃料比係数
FFH 乾き濃度から湿り濃度を計算するための燃料比係数
FFW 湿り状態における排ガス流量計算のための燃料比係数
GAIRW 湿り状態における吸気質量流量率 kg/h
GAIRD 乾き状態における吸気質量流量率 kg/h
GEXHW 湿り状態における排ガス質量流量率 kg/h
GFUEL 燃料質量流量率 kg/h
GASx 重み付けされた平均NOx排出値 g/kWh
HREF 絶対湿度の基準値(10.7g/kg;NOx及び個々の湿度補正係数の計算用) g/kg
Ha 吸気の絶対湿度 g/kg
HTCRAT 水素−炭素比 mol/mol
i 個々のモードを示す添字
KHDIES ディーゼルエンジンのNOxに関する湿度補正係数
Kw,a 吸気に関する乾き対湿り補正係数
Kw,r 生排ガスに関する乾き対湿り補正係数
記号 用語 単位
L エンジン試験速度における最大トルクに対するトルク比
mass 排出ガス質量流量率 g/h
Pa エンジン吸気の飽和蒸気圧(ISO 3046−1、1995で、Psy=PSY、試験時周囲蒸気圧) kPa
PB 全大気圧(ISO 3046−1、1995で、Px=PX、現場の全周囲気圧Py=PY、試験時全周囲気圧) kPa
PS 乾き大気圧 kPa
P 未修正軸出力 kW
PAUX 試験時だけに取り付けられ、船内では要求されない補機類が消費した公表総出力。 kW
Pm 試験条件下でのエンジン試験速度における計測出力又は公表出力の最大値 kW
r 等速プローブと排ガス管の断面積の比
Ra 吸気の相対湿度
Rf FID応答係数
RfM メタノールのFID応答係数
S 動力計設定値 kW
Ta 吸気の絶対温度 k
TDd 露点絶対温度 K
TSC 冷却器後の給気温度 K
Tref 基準温度(燃焼空気の基準温度:298K) K
TSCRef 冷却器後の基準空気温度 K
VAIRD 乾き状態における吸気の体積流量 m3/h
VAIRW 湿り状態における吸気の体積流量 m3/h
VEXHD 乾き状態における排ガスの体積流量 m3/h
VEXHW 湿り状態における排ガスの体積流量 m3/h
WF 重み付け係数
 
表4. カーボンバランス法の式に使用される記号、用語の説明及び変数(付録6参照
記号 説明 単位 備考
ALF 燃料の水素含有量 %m/m  
AWC 炭素の原子量    
AWH 水素の原子量    
AWN 窒素の原子量    
AWO 酸素の原子量    
AWS 硫黄の原子量    
BET 燃料の炭素含有量 %m/m  
CO2D CO2濃度 %v/v 乾き排ガス中
CO2W CO2濃度 %v/v(wet) 湿り排ガス中
COD CO濃度 ppm 乾き排ガス中
COW CO濃度 ppm 湿り排ガス中
CW すす mg/m3 湿り排ガス中
DEL 燃料の窒素含有量 %m/m  
EAFCDO 完全燃焼及び炭酸ガス濃度に基づく空気過剰率(lV,CO2 kg/kg  
EAFEXH 炭素を含む成分の排ガス濃度に基づく空気過剰率(lv) kg/kg  
EPS 燃料の酸素含有量 %m/m  
ETA 湿り燃焼空気の窒素含有量%m/m    
EXHCPN 炭素(c)を含む成分の排ガス比 V/V  
EXHDENS 湿り排ガスの密度 kg/m3  
FFCB カーボンバランス計算のための燃料係数    
FFD 乾き状態における排ガス流量計算のための燃料係数   乾き基準
FFH 乾き濃度から湿り濃度に換算するために使用する燃料係数    
FFW 湿り状態における排ガス流量計算のための燃料係数 湿り基準  
GAIRD 燃焼空気質量流量 kg/h 乾き燃焼空気
GAIRW 燃焼空気質量流量 kg/h 湿り燃焼空気
GAM 燃料の硫黄含有量 %mm  
GCO COの排出量 g/h  
GCO2 CO2の排出量 g/h  
GEXHD 排ガス質量流量 kg/h 乾き排ガス
gexhw カーボンバランス法で計算した排ガス質量流量、GEXHw kg/h  
GEXHW 排ガス質量流量 kg/h 湿り排ガス
GFUEL 燃料質量流量 kg/h  
GHC HCの排出量 g/h 炭化水素
GH2O H2Oの排出量 g/h  
GN2 N2の排出量 g/h  
GNO NOの排出量 g/h  
記号 説明 単位 備考
GNO2 NO2の排出 g/h  
GO2 O2の排出 g/h  
GSO2 SO2の排出 g/h  
HCD 炭化水素 ppmCl 乾き排ガス中
HCW 炭化水素 ppmCl 湿り排ガス中
HTCRAT 燃料の水素対炭素比、a mol/mol  
MV... ...の分子体積 1/mol 個々のガス
MW... ...の分子量 g/mol 個々のガス
NO2W NO2濃度 ppm 湿り排ガス中
NOW NO濃度 ppm 湿り排ガス中
NUE 燃焼空気の含水量 %m/m  
O2D O2濃度 %v/v 乾き排ガス中
O2W O2濃度 %v/v(wet) 湿り排ガス中
STOIAR 燃料1kgの燃焼に必要な化学量論的空気量 kg/kg  
TAU 湿り燃焼空気の酸素含有量 %m/m 湿り空気
TAU1 排出される湿り燃焼空気の酸素含有量 %m/m 湿り空気
TAU2 燃焼される湿り燃焼空気の酸素含有量 %m/m 湿り空気
VCO COの体積流量 m3/h (排ガス成分)
VCO2 CO2の体積流量 m3/h (排ガス成分)
VH2O H2Oの体積流量 m3/h (排ガス成分)
VHC HCの体積流量 m3/h (排ガス成分)
VN2 N2の体積流量 m3/h (排ガス成分)
VNO NOの体積流量 m3/h (排ガス成分)
VNO2 NO2の体積流量 m3/h (排ガス成分)
VO2 O2の体積流量 m3/h (排ガス成分)
VSO2 SO2の体積流量 m3/h (排ガス成分)
備考:
標準状態のm3又はリットルに対しては、std.m3及びstd.1を使用する。気体の標準状態m3は、273.15K及び101.3kPaにおける状態をいう。
 
水とガスの平衡定数=3.5







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
356位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
27,063

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.ビジネスプラン
2.ISO/TC8 News letter (第6号)
3.ISO/TC8 News letter (第7号)
4.ISO/TC8第21回本会議報告書
5.「新世紀の海へ 新しいエコパワー スーパーマリンガスタービン」パンフレット(詳細版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から