日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

近畿圏における高速鉄道を中心とする新たな交通のあり方に関する調査報告書

 事業名 大阪圏における新たな高速交通体系のあり方に関する調査
 団体名 関西交通経済研究センター  


近畿圏における高速鉄道を中心とする新たな交通のあり方に関する調査報告書images/b0701.jpg
(拡大画面: 62 KB)
目次
 
 はしがき
 
 「近畿圏における高速鉄道を中心とする新たな交通のあり方に関する調査」 委員会委員名簿
 
 「近畿圏における高速鉄道を中心とする新たな交通のあり方に関する調査」 需要予測ワーキング・グループ 委員名簿
 
 1. 調査の目的と全体構成
  1-1 調査背景と目的
  1-2 調査の全体構成
  1-3 調査の前提
  1-4 調査体制と調査経過
 
 2. 運輸政策審議会答申第10号の検証
  2-1 都市交通審議会答申第11号、第13号の概要
  2-2 答申第10号時の社会・経済状況、将来展望
  2-3 答申第10号の整備目標と路線整備状況
  2-4 答申第10号における将来予測と現状の比較分析
  2-5 答申第10号の整備効果と果たした役割
  2-6 答申第10号における未整備路線の検証
  2-7 答申第10号の総括と残された課題
  2-8 答申第10号以降の鉄道整備の考え方
 
 3. 近畿圏における鉄道を中心とする交通の現状
  3-1 交通を取り巻く社会・経済情勢
  3-2 交通需要の動向
  3-3 鉄道の概況
  3-4 空港・新幹線アクセス交通の概況
  3-5 自動車交通の概況
  3-6 乗合バスの概況
  3-7 交通に対する価値観の多様化
  3-8 東京圏と比較した近畿圏の交通特性
  3-9 地域別交通課題の特徴
  3-10 鉄道に関わる投資の方向と需要見通し
 
 4. 今後の近畿圏における鉄道整備の基本的な方向
  4-1 国土計画等上位計画の概要
  4-2 自治体の長期計画にみる地域開発の動向と交通計画
  4-3 近畿圏における広域交通計画
  4-4 地球温暖化問題への対応
  4-5 今後の公共交通のあり方
  4-6 今後の鉄道整備の基本的な方向
 
 5. 平成13年度調査において残された課題と平成14年度調査内容
  5-1 平成13年度調査において残された課題
  5-2 平成14年度調査の内容(予定)
 
 参考資料1. 運輸政策審議会答申第10号路線情報シート
  その1〜4
  その5〜8
  その9〜12
  その13〜16
  その17〜20
  その21〜24
  その25〜28
  その29〜32
  その33〜36
  その37〜40
  その41〜44
  その45〜48
 
 参考資料2. 運輸政策審議会答申第10号路線の整備状況
  その1〜5
  その6〜10
 
 参考資料3. 答申第10号路線に関する未整備要因
 
 参考資料4. 自治体、事業者アンケート結果
  4-1 自治体の長期計画の概要
  4-2 事業者アンケートの概要



 

 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
716位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
14,136

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.研究調査報告書要旨 ?航空貨物輸送分野におけるRFID技術の活用に関する調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から