日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


2 国家公務員に対する民間からの評価と期待

 

民間からみた公務員の評価については、幸い「国際版調査票」の第1項に「現在の公務員に対する一般的評価」が存在し、第5項に「公務員に対する今後の期待・要望」とが取上げられていた。そこで両項目の対比は、各国別に第1表のとおりであった。

 

第1表 国家公務員に対する民間からの評価と期待

099-1.gif

 

この表から直ちに分かることは、第1に、わが国の国家公務員に対する民間からの評価は、現在はもちろん将来の期待とともに、6ヵ国中の最下位に在る点である。つい最近まで、世界的に最高の評価を得ていた事実に照らし、国家公務員の謙虚な自己改革が求められる。第2は、わが国を除く5ヵ国では、現在の評価より将来の期待が低い結果になっている。それだけに、国家公務員に対する先々における5ヵ国の国民の期待は、なぜか明るいものではない。しかしわが国だけは、国家公務員に対する批判や不信感が高まっている現在でも、現在より将来の評価が高いのである。国民は現在のサービスに不満を抱きながらも、将来は良くなるものと信じているようである。こうした結果を国内調査票の自由コメント(この報告書「日本編」の「民間からの主なコメント」参照)と考え合わせると、近年高級国家公務員の間に続出した不祥事件の数々は、いかに国家公務員のイメージダウンになっているか、誠に遺憾というしかない。

 

3 国家公務員のサービスに対する国民の不満と要望

 

国家公務員のサービスに対する不満は、各国共に「国民を顧客と考えていない」という一点に要約できる。わが国の場合、全12項目の第1位に「国民をお客様とは考えていない」とはしているものの、国の機関から受けたサービスの度合(サービスを受けた全項目に対する総チェック数)と5段階評価との間の関係は、十分解明できなかったが、上位6項目と下位6項目との間には大きな較差があることを認知した。(この報告書の「日本編」C-1表参照)。この点から見て、カナダにおける「市民第一」の調査を参考にしたことは、国内における不満と満足の両面調査の有力な手掛りとなった。

国家公務員のサービスに対する不満の第1位は、前述のように「国民をお客様とは考えていない」ことだった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から