日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


すでに社会経済の構造は脱工(産)業化から知識・情報化へ変革を遂げ、工業化時代に育った公務員制度の改革が、各国共に不可避であるという認識に立脚したものであった。同時にそれは、19世紀後半から20世紀前半にかけて、先進諸国に拡散した西欧型公務員制度に対する新しいチャレンジでもあった。こうして1980年代に登場したのが、「新しい行政管理」(New Public Management: NPM)だった。

NPMに関しては、このところ多数の研究成果が発表されているものの、人事行政に関しては、おおむね次のようなコンセプトのものと考える。まずは、経営資源使用の裁量の幅を広げる代りに、業績・成果による厳格な統制を行う。ついで、民間における市場メカニズムを可能なかぎり活用する。さらに、国(住)民を顧客とみてサービスを提供する。そのうえで、組織のヒエラルキー構造を思い切って簡素化しようとする。こうした枠組みによって、「小さな政府」を実現し、行政部門の効率化・活性化を図ろうとするわけである。このNPMの典型的な実例は、1980年代初めに登場したアメリカのレーガノミックスと、イギリスのサッチャリズムであろう。

今回の調査研究は、こうした時代の背景を念頭に置き、同時に国際比較を加えることにより、できるだけ具体的に「顔の見える公務員像」を描こうと意図したのであった。

 

II 調査研究結果のポイント

 

今回の国際比較による調査研究は、このところわが国に続出した高級公務員の不祥事によって刺激されたことは確かである。そのために、専ら国家公務員を対象とした次第であった。そこで調査研究のポイントとして、まずは国家公務員の特性から述べることにしたい。

 

1 国家公務員の位置付け

 

先進6ヵ国の「公務員」の位置付けは、さほど大きな違いはないようである。すなわち、表現の違いこそあれ、巨視的に「全体の奉仕者」という点で大差は無い。しかし、こと「国家公務員」となると、二つの大きな潮流に分かれる。すなわち、アングロサクソン系諸国とその強い影響を受けた諸国―アメリカ、イギリス、カナダ、日本―では、たとえばイギリスで公務員は「国庫から給与を支給されるもの」と定義されているように、地方行政の担当者は除外されている。他方、ヨーロッパ大陸系諸国―ドイツ、フランス―では、ドイツの官吏(Beamte)のように、連邦政府であれ、各州などの地方政府であれ、勤務組織の如何を問わず、官吏は同じ身分を享受する。今回の調査研究においては、この点に注意を払い、調査の規模と能力とを考え、専ら国家公務員を対象にしたわけである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から