日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


1 公務員に対する厳しい批判

 

そもそもこのプロジェクトを始めるにあたり、近年の高級公務員の不祥事が続き、公務員全体に対する国民の目が厳しくなっていることは自覚していた。しかし調査票を集計して、次のような結果を得て、想像以上に厳しいことを思い知らされた。

 

(1) 公務員の「総合評価」は5段階評価の2.81

 

国際版調査票「これからの公務員の在り方を求めて」の総合評価は、117人の回答者の平均は5段階評価の僅か2.81と、中位値の3.0を下回るものだった。(A表参照)。その理由は「公務員の倫理と価値観の評価」が、なんと2.64と低かったことが影響した。そのために、辛うじて中位値を唯一上回った「公務員に対する今後の期待・要望」の3.07を打ち消す結果になってしまった。

 

(2) 公務員の数は先進諸国に比べて多過ぎる

 

公務員全体に対する国(住)民の評価(B-4表参照)を見ると、13の調査項目中の第5位は「公務員の数は先進諸国に比べて多過ぎる」だった。しかも回答者の81.2%がこの選択肢を選んでいることに驚愕した。いずれこのことについては、「総集編」で詳述するが、事実はこうした民間からの評価とは正反対といえよう。たとえデータの扱いに多少の違いはあるにせよ、OECD(経済協力会初機構)の調査によれば、公共企業体職員を加えた広義の公務員の全雇用に占める比率は、調査時点の1994〜95年現在、わが国は先進23ヵ国の中で最低であった。公務員のイメージチェインジのためにはどうすればよいか。これからの大きな課題である。

 

(3) 「国民をお客様とは考えていない」

 

国家公務員のサービスに対する不満を調べると、調査12項目の中の第1位は、全体の66.7%の支持を得たこの項目であった。(C-1表参照)確かに公務員の一部には、「公務は企業とは違う」として、企業サービスとの比較を忌避する向きがあることは否定しないが、公務員が公僕であるからには、こうした考え方は通用しないはずである。

 

(4) 高齢者は待ち時間に性急か

 

今回の調査研究では、回答者の属性によって選択の較差があるのではないかと考えた。特に国民の17%以上がすでに65歳を越え、急速に長寿国家になった点に注目した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から