日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


●公務に対する政治の影響 ・公務員の倫理と価値観の評価

●人事制度改革の課題 ・公務員に対する今後の期待・要望

●現行公務員制度の総合評価 ・総合評価(上記5項目評価の平均)

 

3 国際版調査票の集計結果

 

国際版調査票の総合集計結果は、有効サンプル総数117について、A表のとおりであった。

 

A表 国際版調査の総合集計結果

074-1.gif

 

この117のサンプルから得た総合評価値は、各国のサンプル数が10ないし20程度と少なかったとはいえ、イギリスの3.54、ドイツの3.15、フランスの3.30、アメリカの3.40、カナダの3.50に比べ、わが国の総合評価が僅かに2.81と、著しく低い点に注目せねばなるまい。新しい公共管理(NPM)を強力に推進したイギリスとカナダの評価が高かったことにも、おおいに注目したところであった。わが国の集計結果に関してとくに注目したのは、「公務員の倫理と価値観の評価」の得点が、なんと僅かに2.64に過ぎなかった点であった。近年の国家公務員の相次ぐ不祥事が、いかにわが国の公務員のイメージ・ダウンになっているか、改めて思い知らされた次第であった。しかし筆者らが見聞する限りでは、諸外国からするわが国の国家公務員に対する評価は、依然としてまだまだ高いようである。この認識の較差は何に由来し、その改善策はどこにあるのか、考えを回らせたところである。いずれ後刻の国内版調査票分析の過程で、この点にも言及する予定である。

 

II 国内版調査票関係

 

1 国内版調査票の設計

 

国内版調査票の設計に当たっては、前述の通りカナダにおける「市民第一」の調査に使った調査票を参考に、民間からみた公務員への意見を調査しようと考えた。しかし研究委員会の討議では、一概に「公務員」といっても、国民の多くは市町村レベルの公務員との接触は日常のことである反面、中央政府や都道府県職員との接触は特定業務―たとえば郵便局や警察署などの業務関係―に限られるのではないかという意見が多かった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から