日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


山内先生が結論として言われたことは、的確な政策決定支援のための情報やアイディアを出すことが非常に大切だということです。日本には全領域で言うべき政策をはっきりと言えるシンクタンクが絶対に必要だということでした。

 

5:山内先生講義のアウトライン

 

お話の内容をおさらいしますと、1:海洋環境モニタリングの諸課題、2:産業廃棄物の環境に対する影響評価、3:湾岸変化の緩和と湾岸海域の生物生産、4:石油事故等対応体制:ナホトカ号重油流出事故のとりまとめ、5:外交的側面から見た海洋問題(漁業交渉など)の5つの柱がありました。また質疑応答セッションでは、この事業が1年かけて追求いたしました「どのようにしたら理想的なネットワーク型のシンクタンクを造ることができるか」という議論を深めました。海外のシンクタンクと活発に共同研究をなさっておられる山内先生のお話はとても有意義でした。

 

第1回研究委員会-B (1999-6-15)

高瀬鴻氏「世界海運が直面する諸問題」

 

第1回研究会は欲張りまして、山内先生に引き続き、海運研究所評議員6の高瀬先生から「世界海運が直面する諸問題」についてのお話を伺いました(91〜109頁参照)。高瀬先生は本日もここにお見えですが、日本郵船時代に調査部長を経験されました。われわれの研究グループには、もうひとり日本郵船で調査部長を経験された今井武久先生がおられるのですが、1999年4月から和歌山大学教授に就任されたので、今年は高瀬先生に海運の立場からのご発言をいただいております。

 

6:海運政策の変遷

 

高瀬先生のお話の中に、海運政策の変遷の話がありまして、わたくしなどは、なるほどとおもったのですが、戦前の海運は港軍の予備船隊と言うか、シーパワーの象徴として保護されてきたものなのです。

 

6 (株)海運研究所(代表:三雲太郎)。海運研究所の見解は「近藤記念海事財団四季報」(編集:(株)海運研究所)参照。(株)海運研究所電話:3451-2639、近藤記念海事財団電話:3473-5613。「四季報」には日本の戦後の海運業界をつくりあげた世代の鼎談、今井教授の「海運市場動向分析」ほか、問題提起型論文が掲載される。海運業界の外部の研究者が読んでもためになる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から