日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


そうしましたら、まさに「群島水域の自由航行の問題」に関する会議をSEAPOLが企画しているという話が、1999年春でしたか、SEAPOL代表のフランシス・ライ博士から飛びこんで参りました。

その時、とっさに思ったのは、「これは、アジア人だけの会議にしては駄目だ。この会議には海洋の主たるユーザーであるアメリカ海軍を呼ばなければ全然意味がない」ということです。これは、前年にハワイにいっていたからわかったことなのです。

そこで、「米海軍を会議に呼べ」としつこく言ったわけです。主催者であるSEAPOL代表にそれを働きかけると同時に、私どもでも太平洋艦隊のほうへ連絡を取りまして、「この会議は重要だから、絶対に代表を出さなくては駄目ですよ」と言い続けた。それが図らずも実現したのが、1999年11月のマニラ会議だったわけです。

海洋の主たる使用者であるアメリカの海軍(弁護士)が出席したのは、20年の歴史を持つSEAPOLの会議で史上初めてではなかったかと思います。アメリカの学者の先生方はみえていたと思いますが、実務者あるいは実際の使用者であるアメリカ海軍が出てきたのはおそらく初めてでした。

そして、SEAPOLのフランシス・ライ代表と、それだけ親しくなったというのも、この事業の一環として1998年12月にアジアの有識者を東京に招いて意見交換をしたからだと思います。あとになってわかるのですが、一連の事業がひとつひとつ飛び石のようになって成果をもたらしている。これはやはりこのプロジェクトが連綿として続いているひとつの証左だろうと思います。

これはひとつの例でございますが、それでは今年1年何をやったかということを皆さんに思い出していただきたいと思います。

 

第1回研究委員会-A (1999-6-15)

山内康英氏「日本の海洋環境モニタリングの現状と問題点」

 

第1回研究委員会は、6月15日に国際大学の山内先生をおまねきして、「日本の海洋環境とモニタリングの現状と問題点」についてうかがいました(73〜90頁参照)。海洋のモニタリングが縦割り行政の弊害をもろにこうむっているとのお話でしたが、その中でも特に先生のおっしゃったことで印象に残っていますのが、海洋の環境問題は三つあるということです。

1) 産業廃棄物の環境に対する影響評価。

2) 産業の利用から生じる沿岸変化の緩和、

「ミチゲーション」という言葉を使われましたが、河川の公害と浸食の問題や閉鎖された海域等に対する海水の汚染の問題等について、

3) 油流出等の突発的事故への対処。ナホトカ号の事故の例が紹介されました。

 

かつては、海の安全基準はしっかりした保険から締め付けが行なわれていたのが、自由競争が行われるようになって、保険もだいぶダンピングになって誰でも入れるようになった関係で、昔みたいにきつい条件を満たさなければ保険に入れないということがなくなったので、その弊害がいま海運のマーケットにも現れて混乱を招いているという紹介がありました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から