日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


[II] 海運ジャーナリズム

海運は伝統ある産業であるだけに、100年以上の歴史を有する専門誌や新聞があり、それぞれ優れた問題意識を持って取材に当たり、洞察ある分析力を駆使した記事を掲載しているし、独自の調査に基づくデータの蓄積も持っている。

次にこれらの幾つかについて紹介したい。

 

(1) Fairplay(週刊) 所在地:ロンドン

同誌は100年の歴史を誇るもっとも古い海運の業界誌。世界中の海運、造船、海上保険などの事件をまんべんなく報道し、解説を加えている。定期的(quarterlyか?)に報告される新造船の発注船リスト「Newbuildings」は権威があり、「何処の造船所に、どういう船を誰が発注したか」が一目瞭然で分かる。また世界の海運会社の要覧「World Shipping Directory」も発行している。

 

(2) ロイズ船級協会/Lloyds' of London Press / Lloyds' Maritime Information Service

世界で最も豊富なデータの蓄積を持つ機関。Lloyds' Register of Shipsはこれまた100年以上の歴史を持つ世界船名録で、全ての船の明細が収録されている。他にも世界の船の動静、海難事故の記録、海運会社の要覧等、有用なデータを発行している。同社の発行しているLloyds' Listは世界で最も権威がある海運に関する新聞である。またLloyds' Shipping Economist(月刊)は優れた分析力を誇り、立派な解説記事が多い。

 

(3) Cotainerization International(ロンドン)

コンテナ輸送に関する豊富なデータを有する。月刊の「Contenarization International」とYearbookを発行している。Yearbookはコンテナ輸送に関する「ジェーンズ海軍年鑑」と言うべき存在で、コンテナ輸送に関する各種のデータが網羅されている。

 

(4) Seatrade Review(月刊)ニューヨーク

総合的な海運専門誌。それなりに掘り下げた記事が載っている。時々国際シンポジウムを主催している。

 

[III] 情報サービス機関

上記の他に各種の情報提供サービスの会社がある。

 

(1) Fearnleys

撒積み輸送に関し、豊富なデータを有している。毎年「World Bulk Trade」と「Review 19XX」いう年鑑を出版している。

 

(2) Jacobs & Partners

タンカー専門のブローカー会社。タンカーの輸送に関し、豊富なデータを有する。毎年「World Tanker Fleet Review」という年鑑を発行している。

 

(3) その他

その他にもClarkson、Drewryなどの海運市況に強い情報サービス会社、コンテナ輸送や最近では撒積み輸送にも手を伸ばした「Ocean Shipping Consultant」というコンサルタント会社もある。 以上

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から